海外滞在者のマイナンバーについて

マイナンバー制度とは?

マイナンバー制度は国内で住民登録するすべての方にマイナンバーを付番する制度です。平成27年10月より12桁のマイナンバーの通知が開始され、住民票に記載の住所宛にマイナンバー等を記載した通知カードが郵送されてきます。
マイナンバーは、平成28年1月より日本国内の社会保障、税金、災害対策などの行政手続で必要になってきます。

海外留学している方のマイナンバーについて

1.住民票を海外提出している場合

マイナンバーは、住民基本台帳に記載されている人のみに付番されることとなっています。このため、日本国内に住民票を有しない方は適用対象外となり、マイナンバーは発行されません。
留学後に日本に帰国し、住民票を入れると、マイナンバーが自動的に付番されることになります。

2.住民票を残したままで留学している場合

住民票の海外転出をせず、そのまま海外に留学している場合、マイナンバーが記載された通知カードが日本国内の住所に郵送されることになります。
万が一、留学中に通知を受け取る親族等がいない場合、通知カードは住所地の市区町村に返還され、一定期間(3か月程度)保管されることになります。もし、受け取りができず、3ヶ月以上帰国の予定がないときは、市区町村が認める場合に保管機関を帰国の時まで延ばすことができる場合があるようですので、該当する方は住所地の市区町村役場に直接相談してください。

ニュージーランドにワーキングホリデーで行く場合

ニュージーランドでワーホリで働く場合、納税者番号(IRD:Inland Revenue Departmentナンバー)の取得が必要です。IRDナンバーの申請用紙には、日本のマイナンバーを記入する欄があるので、これからワーホリに行く場合、マイナンバーを控えてもっていくことをお勧めします。

マイナンバーに関する公式ページおよび連絡先

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度):内閣官房

マイナンバー制度と個人番号カード:総務省

個人番号カード総合サイト:地方公共団体情報システム機構

国外からマイナンバー制度に関するお問い合わせをする場合、マイナンバー総合フリーダイヤルにはつながらない可能性がありますが、以下の番号であれば通話可能です。

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)に関するお問い合わせ
050−3816−9405

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

J-CROSS

NPO留学協会

AIG損害保険

ジェイアイ留学保険
oneyT Global
キャッシュパスポート
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引