ロンドン

<営業時間> 月~金: 9:30 ~ 17:00  定休日:土・日・祝日
海外進学 語学留学『留学サイトドットコム』では、英語圏の大学・カレッジ・専門学校・語学学校への留学を手数料無料で応援します!

国・都市情報

イギリスロンドン

歴史、偉大さ、最新の流行と古い伝統、エネルギー溢れる街並み、美しい公園や広場、そして様々な文化と言語がミックスし、2000年もの間人々を魅了し続けているユニークな都市です。語学留学先としても人気があります。

ロンドンの基本情報

ロンドンはイングランドおよびイギリスの首都で、現代的な都市である一方、その歴史はローマ時代にまでさかのぼります。中心部には威厳のある国会議事堂、象徴的な時計塔ビッグベン、英国君主の戴冠式が行われるウェストミンスター寺院などがあります。中心部からテムズ川を挟んだ対岸にはロンドンアイ観覧車があり、文化施設がひしめくサウスバンク地区やロンドンの街並みを一望できます。

ロンドンの人口

7,556,900人(2022年)

ロンドンの地図

ロンドンの生活情報

バッキンガム宮殿で観る衛兵交代の華やかさと伝統、ピカデリー・サーカスやコベントガーデンのにぎわいなど、この街ならではのイベントを楽しんでください。
世界的に有名な赤い二階建てバスに乗り、チェルシーやナイツブリッジのファッショナブルなブティックでのショッピングを楽しみ、ウェストエンドの劇場街で世界一のパフォーマンスを鑑賞。
夜にはお洒落なナイトクラブやソーホーの人気スポットに繰り出すのもいいでしょう。また、伝統的なロンドンのパブでは暖かく、フレンドリーなもてなしを経験してください。
ロンドンヒースロー空港から市内までは30分から1時間ほどです。

友好都市:東京都

時差について

<夏時間>

・タイムゾーンの名称:BST イギリス夏時間
・協定世界時との時差:UTC+1
・日本時間との時差:JST-8

日本とイギリスとの時差は8時間です。日本の方が8時間進んでいます。

<冬時間>

・タイムゾーンの名称:GMT グリニッジ標準時
・協定世界時との時差:UTC+0
・日本時間との時差:JST-9

冬時間になると、日本の方が9時間進むようになります。

ロンドンの気候

ロンドンは西岸海洋性気候です。日本の北海道より緯度が高いため寒いイメージがありますが、暖流の北大西洋海流と偏西風のおかげで、比較的穏やかな気候です。四季はありますが、日本のようにはっきり分かれていません。年間の気温差は少ないですが1日の中の気温差が大きいので気をつけないといけません。年間を通して雨の降る回数は多いですがすぐに止む場合が多いです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高 6 7 10 13 17 20 22 21 19 14 10 7
最低 3 3 4 6 9 12 14 14 12 9 6 3

ロンドンの交通機関

ロンドンの公共交通機関は十分に発達しており、飛行機、電車、地下鉄など、様々な交通手段に恵まれています。空港は、Heathrow、Gatwick、Stansted、London Cityとなります。 電車は朝5:30~午前1時まで運行していますので便利です。

ICカードの「oyster」があると地下鉄、バス、トラム、水上バスなどロンドン内のほとんどの公共交通機関で利用でき料金もお得になり便利です。

Transport for London(英語)

ロンドンの文化

ロンドンは最高水準の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力があり、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターです。またロンドンは世界でもっとも来訪者の多い都市です。

ロンドンの食事

イギリス料理と言えばフィッシュ&チップスが有名ですが、それ以外にもシェパードパイ、ソーセージ&マッシュなどランチにもディナーとして楽しめます。朝ごはんにしてはかなりのボリュームなイングリッシュブレックファストはイギリス中どこでも食べられる国民食です。トマト、ソーセージやベーコン、ビーンズに卵、主食にトースト、飲み物はオレンジジュース…これを基本にハッシュドポテトにオートミール、ブラックプディングなどを追加したりします。

ロンドンの生活

ロンドンには市内だけで4つの世界遺産があります。
ロンドン塔
ウエストミンスター宮殿、ウエストミンスター大寺院及びマーガレット教会
キュー王立植物園
マリタイム・グリニッジ

入場料無料の見所も228箇所もあります。
1箇所にこれほど多くの見所が集っている都市は世界でも珍しいでしょう。

・大英博物館:世界3大博物館の1つで800万点もの世界中から集められた展示品がありますが、一般公開されているのはわずか2%ほどです。
・テート・モダン:発電所だった建物を改装して作られました。世界的画家のピカソやダリの作品も展示されています。
・ロンドン国立美術館(ナショナル・ギャラリー):13~20世紀初頭のヨーロッパ絵画を数多く所蔵しており、レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロなど有名画家の作品が展示されています。特にゴッホの「ひまわり」やフェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」は必見の名画です。
・ロンドン自然史博物館:地下鉄サウスケンジントン駅から徒歩5分ほどの場所にあります。博物館の中は4つのエリアに分かれています。
・ロンドン・アイ:イギリスのロンドンにある巨大な観覧車です。2008年までは世界最大の観覧車で、ギネスブックにも登録されていました。

TOPへ