Whatcom Community College|学校データ|2022年

ベリンガムにある Whatcom Community College(ワッカム・コミュニティ・カレッジ) は、Aspen Institute によって全米トップ 150 のコミュニティカレッジの 1 つとして定期的に評価されています。サイバーセキュリティ、プレエンジニアリング、ヘルスケア、ビジネススタディなどを学ぶことができるこのカレッジは、応用科学学士号、編入学、キャリア準備、オンラインコース、コミュニティ教育クラスなどを提供しています。WCCは、あらゆるタイプの学生が利用でき、手頃な価格で、地元の大学や雇用主とのつながりも深く、堅実で高収入のキャリアへの道を提供しています。

Whatcom Community Collegeの基本データ

創立年

1967年

ロケーション

ワシントン州ベリンガム

人気のあるプログラム

  • 文系および理系準学士号(大学編入)
  • 医療専門職
  • ビジネス
  • サイバーセキュリティ
  • 成人向け基礎教育

学生数

学生総数:7,161名
FTES:3,352名

※FTES(Full Time Equivalent Students)は、フルタイム換算した場合の学生数です。

プログラムごとの学生数

学士号プログラム:86名
I-BEST:64名
留学生:257名
ランニングスタート・プログラム:1,046名
職業再訓練プログラム:116名

※I-BEST(Integrated Basic Education Skills and Training)は、基礎教育と技能訓練を組み合わせたプログラムのことです。
※ランニングスタート・プログラムは、高校生がカレッジの授業を受講して、高校およびカレッジの両方の単位として換算できるプログラムのことです。

Whatcom Community Collegeの学生データ

学生の種類

  • アカデミック/大学編入:53%
  • 基礎教育:5%
  • その他:15%
  • 職業訓練:27%

学生の人種

アメリカン・インディアン/アラスカ・ネイティブ:3%
アジア:10%
アフリカ系アメリカ人:4%
ヒスパニック/ラテン:16%
太平洋諸島:1%
白人:78%

フルタイム・パートタイムの別

フルタイム:44%
パートタイム:56%

学生の性別

女性:60%
男性:40%

学生の平均年齢

21歳

Whatcom Community Collegeのユニークな特長

サイバーセキュリティの人材格差に橋をかける

全米科学財団は2021年、Whatcom Community College(WCC)に750万ドルを授与し、大学がサイバーセキュリティの教員を養成し、学生がサイバーセキュリティのキャリアに早く到達できるような最先端のカリキュラムを採用できるよう、全米サイバーセキュリティ訓練・教育(NCyTE)センターの活動を大幅に拡大することを決定しました。サイバーセキュリティの人材不足に対処するため、NCyTE は業界や政府のリーダー、そして Accelerating Community College Cybersecurity Excellence (ACCCE) に 150 万ドルの助成金を提供した Microsoft Philanthropies と連携しています。あらゆるレベルの職に対する需要は高く、WCCではITネットワーキング/サイバーセキュリティの準学士号または応用科学学士号を取得できる柔軟性を学生に提供しています。

フレキシブルな学習環境 – 学生の多様なニーズに対応

充実した学習環境で学生に柔軟性を提供することは、WCCにとって最優先事項であり続けています。カレッジでは、すべての学生の多様なニーズに対応するため、対面式、ハイブリッド、オンラインによる授業を提供しています。9月には、対面式とオンラインの両方で統合的なサービスとサポートを提供する活気あるワンストップ・スペース、オルカ・セントラルが導入されました。さらに、WCCの新しいチャールズ&フィリス・セルフ・ラーニング・コモンズは、図書館、教育用テクノロジー、コラボレーションと学習スペース、ラーニングセンター、学生をサポートするリソースが組み込まれた、学習者中心の快適な環境を提供しています。

保健医療専門職は流動的な医療環境のニーズに対応

WCCの保健医療専門職プログラムは、現在そして進化する地域の産業界のニーズによく合致した学位と修了証で、看護とアライドヘルスの労働力として働く学生を準備することに秀でています。学生は、医療補助、マッサージセラピー、薬物使用障害専門職、理学療法補助および看護の経路から選択することができます。WCC医療専門職プログラムの最近の卒業生は、重要な医療サービスセンターにおける重要なギャップを埋めています。業界の関係者は、行動衛生、医療補助、看護、マッサージ療法における緊急のニーズを特定し、WCCのプログラムは、意欲的な学生とこれらの分野における需要の高い仕事とのマッチングを支援しています。

 

出典:Washington State Board for Community and Technical Colleges, Field Guide 2022

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。割引キャンペーンを適用した学費のお見積りも無料でメールにてお送りしますので、留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください。