カナダ留学情報

おすすめポイント >>>    基本情報 >>>    ビザ情報 >>>    気候 >>>    文化 >>>    食事 >>>    生活 >>>    教育システム >>>

カナダ留学カナダ留学のおすすめポイント

トロント
  • 多文化主義
  • 「最も住みやすい国」にも選ばれる高い生活水準と治安の良さ
  • 教育先進国
  • 英語・フランス語の2つが公用語
  • イギリス英語とアメリカ英語の中間を学べる
  • 雄大な自然
  • フレンドリーな人々

カナダ留学カナダの基本情報

カナダ学生カナダに留学する前に、基本情報については確認しておきましょう。

面積997.1万平方キロメートル(世界第2位、日本の約27倍)
人口3,161万人(2006年)
首都オタワ
言語英語、フランス語
宗教ローマン・カトリック教(国民の約半分近く)

カナダ留学カナダのビザ情報

カナダの場合、6ヶ月以内の留学なら、学生ビザを取得する必要はありません。6ヶ月以上の場合は、学生ビザの取得が必要です。
また、ワーキングホリデー・ビザが取れるのも、カナダの魅力です。

カナダ学生ビザの申請方法はこちら >>>
ワーキングホリデー・ビザの申請方法はこちら >>>

カナダ留学カナダの気候

クエスト カナダに留学する場合に気をつけなくてはいけないのが季節。カナダには日本のような四季があります。

ただ、カナダの国土は広大なため、カナダ国内でも地域によって、季節の始まりや終わりが異なったり、気温や天候も大きく異なります。

例えば、西海岸では2月下旬から春が訪れますが、その他の地域では、4月上旬から気温が上がり始めます。

5月から10月にかけては、気温が上昇し暑い日もあります。冬になると、太平洋沿岸南部の温帯雨林地域を除いて、カナダ全域で雪が降ります。

カナダの日差しは強いので、夏の間は帽子や日焼け止めやサングラスを用意した方が良いでしょう。また、朝晩と日中でも気温差があるので、羽織れる物が一枚あると便利です。

カナダ留学カナダの文化

バンクーバー カナダは先住民(ファーストネーションズ、イヌイット、メティス)、フランス語圏、英語圏という3つの土台の上に建てられました。

現在は毎年20万人以上もの移民を受け入れており、人口増加の半分以上は移民によるものだとも言われているほどです。

カナダは多文化主義を掲げており、全ての人々がカナダ社会へ全面的に、また、平等に参加するように推奨しています。

200以上の民族が住んでいるので、民族や人種の豊かな多様性を認め、お互いに尊重しています。そして、その様々な民族がもたらす言語や考え方などの多様性により、豊かで創造的な文化と社会を築き上げているのです。

このため、留学生にとっても住みやすい国だと言えるでしょう。

カナダ留学カナダの食事

バンクーバー カナダは他民族国家のため、フランス料理、イギリス料理、イタリアン料理、メキシカン料理、中華料理、インド料理、韓国料理など様々な国の料理を楽しむことができます。

レストランやフードコートなどの外食ではもちろんのこと、家庭でも、その家庭の文化背景によって食事は異なります。

また、最近ではベジタリアンの人も多いので、ベジタリアン用のメニューも、簡単に探すことができます。

サーモンやロブスターなどのシーフードや、ワイン、牛肉なども有名です。

カナダ留学カナダの生活

スワローデール カナダは雄大な自然を持っており、一年を通してアウトドアの機会に恵まれています。

スポーツやレクリエーションの設備も充実しており、イベントも豊富です。

スポーツはカナダ人の生活の一部となっています。 カナダ人が日頃から楽しむスポーツの中で人気なのは、水泳、アイスホッケー、スキー、野球、テニス、バスケットボール、ゴルフなどです。国技であるアイスホッケーは特に人気で、シーズン中はアイスホッケー観戦で盛り上がります。

また、カナダ人は読書好きでもあり、全国には22,000以上の公共図書館があります。

カナダ留学カナダの教育システム

カナダでは教育制度は州によって大きく異なりますので、留学先が決まったら、その州の教育制度を必ず調べましょう。

語学学校
ビクトリア大きく分けて、カレッジや大学付属のESLと、私立の語学学校に分かれます。

カレッジや大学付属のESLでは、中級以上の英語力が身につくと、アカデミック・コースのクラスを受講できるところが大きな特徴です。学校の図書館やジムなどの施設が利用できるところもメリットです。

私立の語学学校は、入学申込みの締切日がないことや、入学日や就学期間がよりフレキシブルなことが特徴で、授業内容もカレッジや大学付属のESLに劣りません。

セカンダリースクール(高校)
カナダでは、学年(グレード)は、小、中、高校の12年を一貫して数え、グレード1〜グレード12と呼びます。 ただ、グレードの区切りは州によって異なり、例えば、ブリティッシュ・コロンビア州は7-5制、アルバータ州は6-3-3制、ケベック州は6-5制となっています。

高校課程を修了するには、州ごとに決められている規定の単位を取得する必要があります。 例えば、ブリティッシュコロンビア州で高校課程を修了するためには、グレード11と12で、52単位を取得し、州の統一試験に合格する必要があります。

オンタリオ州の場合は、高校課程はグレード9〜12ですが、この4年間の間に18の必修単位と12の選択単位を取得します。高校課程を修了するためには、さらに、地域の交流活動に40時間参加し、州の英語のテストに合格しなければなりません。

学期も州や学校ごとに異なりますが、2学期制の学校の場合は、9月〜1月までが1学期、2月〜6月までが2学期となります。

大学
カナダの大学は州立と私立に分かれています。また、学位の取得ができる大学と学位に関係ない大学があります。カナダで学位を取得できるのは、総合大学と学位授与権のあるカレッジだけとなり、その数は約93となります。

ケベック州は教育制度が特殊で、総合大学に入学するにはカレッジ(2年間)の卒業資格が必要となります。このカレッジはCEGEP(セジェップ)と呼ばれ、大学進学コースと職業コースの2つに分かれています。

また、カナダの大学は、1)大学院博士課程のある大学、2)大学院レベルの学部大学、3)学部教育を重視する大学、の3つのタイプに分けることができます。

1)と2)は主に都市部にある総合大学で、設備も充実し人気もあります。3)は学生数が3,000人程度の規模で、人文系学部が充実しています。

大学はその多くが2学期制で、新学期は9月に始まり、翌年の4月に終わります。2学期制の大学の入学時期は9月または1月、3学期制のところは9月、1月、5月となります。

ジョージブラウン コミュニティ・カレッジ
日本で言う短大となりますが、性質や制度は大きく異なります。

コミュニティ・カレッジはその地域の成人教育の機関であり、幅広い分野に渡り、就職に関するプログラムを提供しています。

コミュニティ・カレッジはそのほとんどが州立です。規定の単位を修得すると、サーティフィケーとやディプロマといった修了証書が取得できます。州によっては、2年間で必要単位を習得すると準学士号が取得できるカレッジがあります。

コミュニティ・カレッジは、大きく分けて、大学編入コースと職業訓練コースの2種類のコースを提供しています。大学編入コースはカナダの大学の教養課程(1、2年生)にあたり、必要な単位数を修得した学生は、大学の2、または3年次に編入することが可能です。職業訓練コースでは、会計、デザイン、調理など、様々な実践技術などを学ぶことができ、大学よりも就職に結びつくカリキュラムが多くなっています。

△ top

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

留学サイトドットコム

J-CROSS

NPO留学協会

AIU留学保険

(承認番号:AIU-関-15-250010)

ジェイアイ留学保険

(承認番号:M14W150)

oneyT Global
キャッシュパスポート
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引