コミュニティカレッジの留学費用はどうやって計算するの?

アメリカのコミュニティカレッジの学校サイトに記載されている留学費用の案内をもとに留学費用の予算をたてたけど、実際にはもっと費用がかかってしまった・・・という声をよくききます。ここでは、学校サイトに記載されている留学費用の概算をどうやって読み解けばいいのか、わかりやすく解説します。

TARO
友達がアメリカのコミュニティカレッジに留学したんですが、学校が案内した留学費用よりも、実際にはもっと留学費用がかかってしまったという話を聞いたんですが・・・。
SUTAKO
アメリカの大学やコミュニティカレッジでは必要な留学費用がサイトに記載されているのですが、ちゃんと注意書きを読まないと、いくつか落とし穴があるんですよ。
例えば、ハワイで人気のあるコミュニティカレッジのKapiolani Community Collegeが案内している留学費用をみてみましょう。
2022/2023年 カピオラニ・コミュニティカレッジの費用概算(1アカデミックイヤー)
Tuition(授業料)8,280
Fees(学校諸経費)140
Books/Supplies(教材費)1,350
Room(家賃)10,447
Utilities(光熱費)1,025
Board(食費)4,574
Personal Costs(個人的出費)2,742
Loan fees(ローン手数料)64
TOTAL COST(合計)$28,622

Kapiolani Community Collegeの費用概算(学校サイト)

TARO
1年間で必要となる留学費用の合計額は$28,622ということですね。
SUTAKO
はい、基本的にはそうなります。
家賃、光熱費、個人的出費、ローン手数料は、学生によって滞在方法や生活様式が異なるので、平均的にこれぐらい費用がかかると思ってくださいという概算になっています。
注意が必要なのは授業料です。
「The table below is based on full-time (12 credits) enrollment for 9 months (Fall & Spring semesters) during the 2022-2023 academic year. 」という注釈があります。
つまり学校が案内している1年間の費用概算というのは、「秋学期と春学期の2学期間(9か月間)で、1学期あたり12単位を履修した場合」になります。
TARO
1学期間に勉強するのは12単位ということなんですね。
SUTAKO
学生ビザで留学する場合、留学生は1学期当たり最低12単位を履修しないといけないというルールがあるんです。このため、1学期当たりの授業料を12単位で計算している学校が多いです。
TARO
12単位の授業料というのは、どうやって計算するんですか?
SUTAKO
授業料は1単位あたりいくらと学校ごとに決まっています。カピオラニコミュニティカレッジの場合、留学生の授業料は1単位あたり345ドルなので、345ドル×12単位×2学期=8,280ドルが1年間でかかる授業料という案内になっています。
TARO
授業料は履修登録するクラスの単位数の合計で決まるということなんですね。
SUTAKO
はい、その通りです。
ここに最初の落とし穴があるんです。
学校が案内している1年間の授業料は12単位x2学期=24単位で計算されているので、2年間だと48単位ですね。
ところが、準学士号を取得するには、専攻によっても多少差がありますが、60~64単位ぐらいが必要になります。
TARO
コミュニティカレッジで2年間勉強して準学士号を取得するとなると、60単位-48単位=12単位分の授業料が案内の中には含まれていないということですか?
SUTAKO
そうなんです。つまり、1年間で必要となる授業料は、345ドル×15単位×2学期=10,350ドルというのが、より正確な計算ということになります。
TARO
60単位取得が必要ということは、1学期あたり12単位じゃなくて、15単位を取得しないといけないということですね。
SUTAKO
平均すると、1学期に履修する単位数が15単位になるということですね。
留学したばかりでいきなり15単位を履修して、良い成績を納めるのはなかなか大変なので、最初は12単位を履修するのが一般的です。
さらに、12単位でも大変という場合、学校に申請すれば、最初の学期だけは6単位の履修でも許可してもらえる場合もあります。
カレッジの授業に慣れてきたら、1学期に15単位や18単位を履修したりしても、授業についていき、良い成績を維持することもできるようになってきます。
TARO
なるほど。
SUTAKO
また、2学期制の学校の場合は秋学期と春学期がメインになるので、1年=2学期と考えますが、期間の短い夏学期にクラスを履修することもできます。
TARO
夏学期も12単位履修するということですか?
SUTAKO
学生ビザで勉強する留学生でも夏学期は夏休みにしてもいいので、夏学期にクラスを履修するとしても12単位履修しないといけないということはありません。2学期制の学校の夏学期はもともと期間が短く、提供されているクラスの数も少ないので6単位ぐらい履修するということが多いと思います。
TARO
でも、夏学期も授業を受けるのであれば、その間の生活費も計算にいれておかないといけないということですね。
SUTAKO
そうなんです。それが、落とし穴の2つ目なんです。
1年間の留学費用といっても、夏学期の分の生活費の概算が含まれていないので、その分も予算に加えておかないといけないんですね。
TARO
なるほど。
学校が案内している1年間の留学費用というのは、授業料が少なく見積もられていること、また、夏学期の生活費が含まれていないこと、この2点に注意しないといけないということなんですね。
SUTAKO
はい、その通りです。
ただ、4学期制の大学やコミュニティカレッジの場合、秋学期・冬学期・春学期の3学期間(9ヶ月)で1年間となります。ワシントン州のコミュニティカレッジなどでは、1学期あたり15単位で授業料を計算してくれているところもあります。
例えば、シアトルのダウンタウンにあるコミュニティカレッジのSeattle Central Collegeが案内している留学費用をみてみましょう。
2022/2023年 シアトル・セントラル・カレッジの費用概算(1アカデミックイヤー)
Tuition(授業料)10,209
Approximate Fees(学校諸経費)615
Housing and Food(家賃および食費)9,894
Books/Supplies(教材費)897
Medical Insurance(健康保険)1,254
Transportation(交通費)375
Total(合計)$23,244

Seattle Cenral Collegeの留学費用概算(学校サイト)

TARO
1年間で必要となる留学費用の合計額は$23,244ということですね。
SUTAKO
はい、基本的にはそうなります。
ここでも家賃および食費は、学生によって滞在方法や生活様式が異なるので、平均的にこれぐらい費用がかかると思ってくださいという概算になっています。
ただ、上記のカピオラニコミュニティカレッジと異なり、個人的な出費が含まれていません。注釈に1年間で1800ドルを目安としてくださいと記載がありますので、その分を加算して考える必要がありますね。
また、授業料については、「 Tuition is based on 15 credits. Exact tuition amounts may vary slightly, usually by $100-$200.」という注釈があります。
1学期当たり15単位で計算されているので、15単位x3学期x2年=90単位ですね。4年制のコミュニティカレッジで準学士号を取得するには約90単位が必要なので、この場合は授業料が少なく見積もられているということはないです。
TARO
なるほど、よくわりました。
学校の留学費用の案内を見るときは、授業料が何単位で計算されているかを確認し、他に必要となる項目が含まれていないかどうかを確認しないと、必要となる授業料や滞在費が正しく計算できないということですね。
ありがとうございました!

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。割引キャンペーンを適用した学費のお見積りも無料でメールにてお送りしますので、留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください。