シドニー留学のメリット・費用は?オススメの語学学校も!

シドニーはオーストラリアの玄関口となっている最大の都市です。オーストラリアの商業・文化の中心地でもあり、活気に溢れ、気候にも恵まれた都市には年間数多くの観光客が訪れます。

観光だけではなく、語学留学・ワーキングホリデーをする場所としてもピッタリで、日本だけではなく世界中の人々から根強い人気があります。

この記事では、シドニーの基本情報と留学するメリット、かかる費用、オススメの語学学校を紹介します。

シドニーの基本情報

正式名称Sydney
人口573万人(2019年6月時点)
面積約124万平方キロメートル
通貨オーストラリアドル(AUD)

シドニーはオーストラリアの南部に位置する都市で、日本からは直行便で約10時間弱で行くことが出来ます。

そんなシドニーは地中海性気候で、年間を通して温暖となっています。雨が少なく、過ごしやすい都市として有名なシドニーですが、なんと1年で340日以上が晴天のときもあるのは驚きですよね。雨の心配をせずに、遊びに行ったり、観光をしたりすることが出来るのは魅力的なポイントです。

また、年間を通しての寒暖差は日本ほど大きくはないシドニーですが、一日のうちの朝晩の寒暖差は比較的に大きいので、夏でも羽織れるものを持っていくのがオススメです。

シドニーと日本の時差は1時間(サマータイム中だと2時間)しかないので、滞在中も日本の友人や家族と連絡が取りやすいのが特徴の一つです。

 

シドニー留学のメリット・魅力

豊かな自然と都市の生活が楽しめる

一つ目のシドニーの留学の魅力は、豊かな自然と都市の生活が両方とも楽しめることです。

観光客が数多く訪れるビーチや世界自然遺産にも指定されている国立公園など、自然に触れ合える場所に都市の中心部からすぐに行けるアクセスの良さは大変魅力的で、「世界で最も住みやすい都市ランキング」で常に上位にランクインする要因もここにあると言えます。

街中を歩いていてもいたる所に、自然豊かな公園があるので都市の喧騒を忘れてリラックスすることが出来ます。

また、留学で知り合った友人たちと、授業が終わった後やアルバイトが終わった後に気分転換にビーチに行ったり、休日にみんなでバーベキューをしたりと日本ではなかなか味わうことの出来ない暮らしを送ることができます。

食が充実!グルメな街

シドニーは「食の都」としても有名な都市です。

多くの賞を受賞したことのある世界的に有名なレストランから、現地で人気の料理を手軽に味わうことのできるローカルマーケットまで、数多くのグルメスポットがあり、食を満喫することが出来ます。

シドニーは多民族・多文化の都市なので、中華、トルコ料理、タイ料理、インド料理などの世界各地の料理が本場の味でいただくことが出来るのも魅力的ですね。

 

また、オーストラリアには根強いコーヒー文化があり、シドニー市内にあらゆるところにオシャレなカフェがあります。「世界一の朝食」として日本でも人気になった「bills」もシドニー発祥です。

朝早くから営業しているお店も多いので、仕事前や学校にいく前などにゆったりコーヒーや朝食を楽しむのも良いかもしれません。

エンタメにも富んでいる

シドニーには観光スポットのみならず、娯楽にも最適な場所が数多く存在します。

シドニーの象徴・アイコンでもある「オペラハウス」には、オペラ劇場のみならず、コンサートホール、ドラマシアター、アートギャラリー、図書館なども併設されていて、様々な芸術・文化に触れ合うことが出来ます。オペラハウスにコンサートを聴きに行けば、一生の思い出になること間違いなしです。

 

中心部の「タウンホール駅」から徒歩15分ほどの場所に位置する「ダーリング・ハーバー」はシドニーのエンターテイメントの中心地として知られていて、動物園、水族館、博物館、ショッピングモール、カジノなどの施設があり、一日中満喫することが出来ます。

多様な文化・人々が魅力

シドニー留学の大きな魅力として、多様な文化・人々に出会えるという点があります。

オーストラリアは移民を多く受け入れている多国籍国家で、シドニーにも様々な人種や国籍の人がいます。シドニー全体の人口の約4割の人々が海外生まれで、さらに人口の約6割の人々が英語以外の言語を話します。

多様なバックグラウンドを持った人々と接し、広く豊かな価値観を身に付けることは、人として大きく成長する絶好の機会です。

英語力を伸ばす以外にも、様々な発見・成長が出来る留学になるかもしれませんね。

 

シドニー留学で注意すること

日本と比べて物価が少し高い

次に、シドニーに留学する際に注意することですが、日本と比べて物価が少し高い点が挙げられます。

オーストラリアの平均賃金は約1600円となっていて、日本(全国平均)の約850円と比べると約2倍となっています。賃金と物価には一定の相関関係があるので、物価も当然日本に比べると高いです。

例えば、一般的なレストランでちょっとランチをしようと思ったら、日本円で1200円〜1500円以上はどうしてもしてしまいます。

また、シドニーは家賃が高いことでも有名です。東京も家賃が高いことで有名な都市ですが、東京にも引けを取らない、もしくはそれよりも高いので、中心部から少し離れた郊外に住むことがオススメです。

物価は高いですが、ビザによってはアルバイトをすることも出来るので、現地の高い賃金で働いて費用を賄うことも出来ます。

オーストラリア英語

注意点の一つですが、オーストラリアではオーストラリア英語が話されています。

日本人に馴染みのある英語はアメリカ英語、もしくはイギリス英語ですので、言い回しや発音が少し異なるオーストラリア英語に慣れるまでは少し時間がかかるかもしれません。

また、よく「オーストラリア英語は訛りがあるから、少し留学するのに抵抗がある」という話を聞きますが、世界の英語話者のうち、英語が母語である人の方が、そうでない人に比べて圧倒的に少数ですので、アクセントのことはそこまで気にしなくてもいいかも知れません。

 

シドニー留学にかかる費用

気になるのが、留学にかかる費用についてです。

★シドニーに語学留学した場合の留学費用の一例です。

【学校】イングリッシュ・ランゲージ・カンパニー
【コース】インテンシブ英語(24週間)
【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、朝・夕食付き、24週間)
【空港出迎え】あり

留学手続き代行手数料¥0
学校ビザ申請サポート¥0
学校申込金250
授業料9,120
教材費210
滞在先手配料305
ホームステイ滞在費7,560
空港出迎え料160
学生保険料257(6ヵ月)
合計AUS$17,862

オーストラリアドルで$17,862は日本円で約127万円となります(2019年8月現在のレート)。

やはりシドニーは賃料が高い地域の一つなので、滞在費が他の都市と比べて高くなっています。

同じオーストラリアでも、ブリスベンやケアンズ、メルボルンなどの都市への留学はもう少し安い費用で出来ます。

 

シドニーでオススメの語学学校

続いて、シドニーで語学留学をする際にオススメの学校を紹介したいと思います。ちなみに弊社では、留学サポートをしており、提携している語学学校の申し込みをされた方には、留学手続き代行サポート、学生ビザ申請サポートが無料で受けられるサービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

Kaplan Sydney City校

全体の生徒数290名〜350名ほど
1クラスあたりの人数最大15名
期間2〜52週間
入学資格16歳以上
日本人生徒の割合7〜11%ほど

Kaplan(カプラン)は世界中に40校以上の校舎をもつ世界最大規模の英語語学学校です。シドニー中心部にはモダンな6階建ての校舎のKaplan Sydney City校があります。

図書室や70台以上のコンピュータを備えた自習室、無料のWiFiスポット、カフェ、スポーツジム、バルコニーガーデンなど、充実した施設が整っています。

中心部にあるため、交通アクセスがよく、世界的に有名なボンダイビーチまですぐに行けるその立地の良さも人気の要因の一つです。

また、様々なアクティビティも用意されていて、ビーチで仲間たちとサーフィンをしたり、世界でも屈指の美術館巡り、首都キャンベラへの一日旅行などがあります。

 

シドニー留学のまとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事では、シドニー留学のメリットや費用を紹介してきました。

シドニーは世界中から学生や旅行者が訪れ、活気に溢れるオセアニアを代表する都市です。

都市のアーバンライフを送りながらも、豊かな自然も身近に感じられる点はもちろんですが、様々な背景や文化を持つ人々と触れ合えることは大きな魅力ではないでしょうか?

英語を学ぶ以外にも、大自然の中でアクティビティを体験したり、多様性の中で豊かな価値観を身につけたり、グローバルな視点を手に入れるなど、様々な点で成長出来ることがシドニー留学の特徴だといえます。

ぜひ事前の準備を万全に済まして、充実した留学生活を送りましょう!

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください