ブライトン留学のメリット・費用は?オススメの語学学校も!

ブライトンは、ロンドンから電車で1時間程で行くことができるイギリスを代表するビーチリゾートの街です。観光都市として有名で、ビーチを中心に、映画館や劇場などエンターテイメント施設が多数あります。

そんなブライトンは教育面が充実している都市としても有名で、大学や語学学校が多く、世界各国から留学生が集まります。

国際色豊かなので、語学の勉強をするのに最適です。今回はブライトンに留学する際のメリットと注意点について説明していきます!

ブライトンの基本情報

・ブライトンは、イギリス南東部にある都市で、18世紀から続くイギリス有数のリゾート地として有名です。

・人口は2019年9月時点で約28万人ほどで、都市の大きさもそんなに大きくないため、「コンパクトシティ」とも言われます。観光地のため、パブやレストラン、エンターテイメント施設が多いのが特徴です。

・ロンドンからは電車で約1時間ほどで行くことが出来る場所にあるため、夏場は、日帰りで行けるビーチリゾートとして多くの観光客が訪れます。

・気候についですが、日本に比べると冬が長く、夏は短めです。夏でも最高気温は20℃程度なので、快適に過ごせます。ただ、夜間は気温が下がるため、上に羽織るものが必要です。10月になると急に冷え込むことも多く、気温が下がります。雪はあまり降りませんが、4月頃まで寒さが続きます。

・ブライトンがあるイギリスと日本の時差は9時間です。4月初めから10月終わりのサマータイムの時期は、時差が8時間になります。

ブライトン留学のメリット・魅力

世界各国の人々と英語を学ぶ

ブライトンは、イギリスでも有名な学生都市です。

ブライトン大学やサセックス大学には留学生も多く、様々な国の学生が学んでいます。語学学校も多いため、英語を勉強するには最適な環境です。

ブライトンは、移民や留学生もいて多国籍な街といわれますが、日本人学生はあまり多くありません。そのため、日本語を使う事はあまりなく、英語力の上達に専念できるでしょう。ブライトンは本気で英語を学びたいという人におすすめです。

またヨーロッパ各地や中東、アジアと各国から人が集まる地域なので、世界各国の人たちと交流することもできます。

 

ハッピーで過ごしやすい街

ブライトンは、イギリスではハッピータウンと呼ばれ、おおらかな人たちが多いといわれています。イギリスのなかでは、温暖で比較的過ごしやすい街で、リゾート地だからということもあるでしょう。

また、イギリスでは治安が良い街のベスト10にも選ばれています。ロンドン、オックスフォードと比べても、街自体が小さいので、一人一人に目が届きやすいといえます。

イギリス国内の他の地域と比べると犯罪も少なく、治安も良いことから留学生にも人気の地域です。

ただ、もちろん全く危険がないわけではないので、犯罪から身を守るためにも、夜道の一人歩きはしないといった注意は必要です。

 

芸術と触れ合える

ブライトンは、イギリスでも屈指の芸術の街です。建物はカラフルで、街全体が芸術的な雰囲気になっています。ウォールアートも多く、個性的なイラストが描かれています。

5月に開催される「ブライトンフェスティバル」では、オープンハウスという催しも行われており、画家やアーティストの工房や自宅を開放しています。作品の展示や販売もあります。

また、ブライトンは映画の街としても有名です。デューク・オブ・ヨーク映画館は1910年に創業しました。ランドマークのブライトンピアは、映画のロケ地としても使われています。

さらに博物館や美術館の数も多く、アートに触れる機会が多い街なので、芸術が好きな人にはオススメです。

 

ナイトライフが充実

ブライトンは、リゾート地のため、娯楽の面もかなり充実しています。パブやナイトクラブなどでは、お酒を飲みながら音楽やダンスを楽しむこともできます。

また、UKパンクとフォークバンドのレヴェラーズに代表されるようにブライトンには有名なミュージシャンを多く排出しています。ブライトンセンターというコンサートホールでは定期的にイベントやコンサートが開催されていて、本場のロックミュージックやフォークなど様々な音楽を聴くことが出来ます。

パブやナイトクラブ、コンサートホールなど、ブライトンでは至る場所で音楽に触れられます。ブライトンは、音楽が好きな人には最高の街といえます。

 

価値観を広げられる

ブライトンはLGBTに理解のある街としても有名です。8月にはブライトンプライド呼ばれる、セクシャルマイノリティや民族的少数派の人の理解を深めるイベントも開催しています。

LGBTの人と交流することで、お互いを理解し、偏見をなくそうという試みで開催されているイベントです。ブライトンプライドの時期は、街中がLGBTを象徴するレインボーカラーに染まります。

日本ではまだまだこういったイベントは少ないですが、価値観の多様性を理解する良いチャンスなので、ブライトンに行く際にはぜひ積極的に参加してみましょう。

 

ブライトン留学で注意すること

税率が高い

ブライトンがある、イギリスの消費税率は20%。日本のと比べると物価が高い印象です。

イギリスの消費税は、日本とは違い「食品」「書籍」「子供服」「生理用品」といった生活に必要なものにはかかりません。

ただ、スナック菓子やお酒、ペットボトルのジュースやミネラルウォーターといった、一部の食料品については適用除外になっているものもあり、消費税が適用されるので注意です。

また忘れてはいけないのがチップの慣習についてです。外食の場合、ウエイトレスさんにチップを払うこともある(基本的にはサービスがあまりに酷くないかぎり支払う)ので、様々な場面で日本よりお金がかかってしまいます。

 

冬は雨が多く降る

ブライトンが最も過ごしやすいのは、バカンスシーズンの6月から9月までになります。そのシーズンがおわり、9月の下旬から2月までは雨の日が多く、天気が悪い日が続きます。

気温も低いので、寒く感じるかもしれません。ブライトンの秋から冬は天候も変化しやすく、外出時には傘やフード付きのジャケットが必要です。

冬の間は雨が降っていない日でも、日が射すことは少なく、曇りの日が多くなります。ブライトンは、夏は快適に過ごせますが、冬の間は天気は苦手な人が多いかもしれません。

 

イギリス英語に慣れる必要がある

日本では学校でアメリカ英語を教わるので、多くのイギリスに行く多くの留学生がイギリス英語に初めて触れ、異なるアクセントや言い回しに苦労する事も多いです。

そのため、日本にいる間から出来る限り、イギリス英語に触れておく事が重要です。オススメの方法はYoutubeなどの動画配信サイトで、イギリス人の配信者の動画を見る事です。

ブライトンに限らず、イギリスに留学に行く人は事前の準備が重要になってきます。

 

ブライトン留学にかかる費用

気になるのが、留学にかかる費用についてです。

★ブライトンに語学留学した場合の留学費用の一例です。

【学校】セントジャイルズ ・ブライトン校
【コース】インテンシブ英語(24週間)
【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、朝・夕食付き、24週間)
【空港出迎え】あり

留学手続き代行手数料¥0
学校申込金80
授業料7,464
教材費25
滞在費3,384
滞在先手配料30
空港出迎え料146
合計£11,129

イギリスのポンドで£11,129は日本円で約149万円(2019年9月現在のレート)です。

語学留学にかかる費用としては一般的な金額だと言えます。

外食を控え、自炊をしたり、数人でルームシェアやホームシェアをするなど、節約を心がけると滞在費を抑える事が出来るのでぜひ実践してみましょう。

長期の滞在の場合であれば、語学学校で知り合った仲間たちとルームシェアをすることがオススメです。費用を抑える事はもちろん、日常的に英語を使う事になるので、英語力の上達のスピードが早まります。

 

ブライトンでオススメの語学学校

続いて、ブライトンで語学留学をする際にオススメの学校を紹介したいと思います。

弊社では、留学サポートをしており、提携している語学学校の申し込みをされた方には、留学手続き代行サポート、学生ビザ申請サポートが無料で受けられるサービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

British Study Centres Brighton校

全体の生徒数
1クラスあたりの人数平均11名(最大14名)
期間1~48週間
入学資格16歳以上
滞在先ホームステイ、レジデンス

British Study Centres(ブリティッシュ・スタディ・センター)は、2010、2012年はLanguage Star Awardsなど様々な賞を受賞しているとても人気が高い語学学校グループです。

ブライトン校の校舎は、ブライトンのHove駅から徒歩15分の閑静な住宅街の中にあるため、落ち着いた環境で語学学習に取り組む事が出来ます。

街の中心部にも近い場所ですが、海にも近い場所にあるため、勉強に疲れた時はふらっとビーチに行きリフレッシュすることも出来ます。

また、英語の学習と同時にデジタルデザインや、Webマーケティングなど専門的な科目が学べるコースも用意されているので、語学以外にもプラスアルファで何かを勉強したい人にオススメです。中には英語と共にウインドサーフィンを体験するコースもあったりします。

 

ブライトン留学のまとめ

今回の記事では、イギリス・ブライトン留学のメリットについて説明してきました。ブライトンは、決して大きな街ではありませんが、リゾート地特有ののんびりした雰囲気で、地元の人たちもおおらかです。

日本人が少ないので、英語の勉強に集中しやすく、言葉も身につけやすい街といえます。また世界各地から学生が集まるので、様々な価値観に触れる事が出来ます。

LGBTのイベントである「ブライトンプライド」やアートイベントの「ブライトンフェスティバル」といったイベントも開催されます。カラフルな街で、地元の人や留学生との交流を楽しむ事が出来ます。

ぜひ事前の準備を万全にして、充実した留学生活を送りましょう!

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください