トロント留学のメリット・費用は?オススメの語学学校も!

トロントはカナダ最大の都市であり、世界有数の移民国家でもあります。様々な国の文化を見て、体験することができます。

そんなトロントは語学留学やワーキングホリデーにぴったりです。移民国家だからこそ、様々な背景や文化を持つ人々に出会うことができるでしょう。

この記事ではトロントの基本情報、留学するメリット、かかる費用、おすすめの語学学校などを紹介していきます。

トロントの基本情報

トロントはカナダのオンタリオ州の州都で、カナダ西海岸側に位置しています。カナダに入ってきた移民を多く受け入れているので、トロントは多文化で人口構成も国際色豊かです。

トロントの気候は全体的に日本より寒いですが、日本と同じように四季があります。夏は6月〜8月で日本と比べると短いですが、カラっとした暑さでとても過ごしやすく気持ちの良い気候です。9月から寒くなり始め、冬の気候は4月頃まで続きます。最も寒い1月、2月の時期にはマイナス20℃になることもあります。

日本と比べて寒いので心配になりますよね。しかし、トロントの多くの住宅はセントラルヒーティングと呼ばれる家全体を温める室内設備がしっかりとしているので、むしろ室内は日本よりも暖かく過ごせます。地下鉄も発達しているので、冬でも外に出づらいということはそれほどないでしょう。日本で見ることのできないような綺麗な銀世界も見ることができます。

時差は14時間(サマータイム:13時間)で、日本とほぼ真逆となっています。家族や友人に連絡を取る時には注意が必要です。

 

トロント留学のメリット・魅力

国際色豊かな都市

トロントの魅力の一つは国際色豊かな都市であることです。日本を離れて海外に住む留学やワーキングホリデーは、楽しみもありますが不安もたくさんありますよね。

違う言語や文化を持つ土地でうまく馴染むことができるのか心配する人も多いですが、トロントなら心配ありません。トロントは移民が多い国なので、ほとんどの人が言語の違いや文化の違いに理解を示してくれます。英語に関しても発音の違いに理解があります。

トロントでは、聞き取れなくて聞き返すのは普通のことになっています。聞き取れなかった場合、相手のほうから聞き返してくれることもあります。

また様々な人種の人と出会うことができるので、今まで知らなかった文化を見て、体験することもできます。人との関わりの中で新たな考え方を得ることもできるでしょう。

様々な食文化を本場の味で

二つ目の魅力は様々な食文化を楽しめることです。様々な国から移民が来ているので、様々な国の食文化を楽しむことができます。

レストランでもそれぞれの国から来た移民の人が作っていることが多く、味も本格的です。日本のレストランではあまり見ることのない、フィリピン料理やジャマイカ料理、エチオピア料理などの本場の味を楽しむことができますよ。またそれぞれの国のスーパーマーケットなどもあります。

そこに行けば今まで見たこともなかったような食材や食品に出会えます。食べることが好きな人は絶対に楽しむことができますよ。

芸術や文化、娯楽が充実

三つ目の魅力はエンターテインメントが充実していることです。トロントは北米でも有数のエンターテインメントの中心都市です。

芸術や文化に対しての政府や民間の財政援助も厚く、トロントの街を利用して芸術祭などを行ったりもしています。バレエ団やオペラ団体も精力的に活動していて、それらの公演を楽しむこともできるでしょう。

トロント国際映画祭(通称:TIFF)は有名で、その時期は多くのハリウッドスターや有名人がトロントを訪れます。TIFFではボランティアの募集も行っているので、海外で映画祭のボランティアをするチャンスも得られるかもしれません。このようにトロントに居れば、1年中飽きることなく過ごすことができますよ。

大自然が味わえる

四つ目の魅力は大都市に居ながら、大自然にも出会えることです。トロントは大都市ですが、少し外に出るとカナダらしい大自然に出会うことができます。

有名なのはナイアガラの滝で、観光地として日本人にも他の国の人にも人気です。トロントから車で約3時間の場所にはアルゴンキン州立公園があります。その公園は広大で、さまざまな動物や雄大な自然と出会えます。キャンプをする場所としても人気の場所です。

秋のシーズンには紅葉を楽しむことができます。少しハイウェイに乗るだけで、カナダの象徴であるメープルリーフの絨毯を見ることができるでしょう。

 

トロント留学の注意点

次にトロント留学で注意することが2点あります。物価が高い点と治安についてです。

日本に比べて物価が高い

一つ目の注意点はトロントでは日本に比べて物価が高いことです。トロントの最低賃金は14ドル(1,200円)です。ですので、それ相応に食べ物や家賃などの値段も高くなっています。

レストランで少しご飯を食べただけでチップと税金込みで15〜20ドルになります。ファーストフードであっても10ドル程度はいくでしょう。ただし、加工されていない食品(野菜など)の税率は加工されている食品(レストランなど)に比べて税率が低くなります。

自炊するなどして節約をするのがおすすめです。家賃の値段も高いです。1人暮らしをするとなると、家賃だけで1500ドル程度はかかるでしょう。留学生の多くがシェアハウスやホームステイで1部屋を借りて生活しています。家で家族以外の人と関われるので楽しいですよ。

危険な地域には立ち寄らない

治安は北米の中では良い方です。日本の東京並みの治安と考えて良いでしょう。ただしアメリカとの国境に近いこともあるのか、カナダでは禁止されている銃の発砲事件が時々あります。危険な地域と言われている地域もあるので、きちんと情報収集してそのような場所には近づかないようにしましょう。

また2018年にはマリファナの使用が合法化されました。マリファナは日本では違法になっています。海外だからといって軽い気持ちで試して、空港で発見されたりしたら最悪捕まることもあるでしょう。自分が日本人だという自覚を持って生活することが大切です。

 

トロント留学の費用

気になるのが、留学にかかる費用についてです。

★トロントに語学留学した場合の留学費用の一例です。

【学校】ECトロント校
【コース】インテンシブ(週30レッスン、24週間)
【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、朝・夕食付き、24週間)
【空港出迎え】あり

留学手続き代行手数料¥0
学生ビザ申請サポート¥0
学校申込金130
授業料8,880
教材費240
滞在先手配料220
滞在費6,720
空港出迎え料(YYZ)115
中継銀行手数料35
合計CAN$16,340

カナダドルで$16,340は日本円で約130万円(2019年9月現在のレート)です。

ダウンタウンから少し離れた郊外に住んだり、留学仲間と数人でシェアハウス・ルームシェアをすると、留学にかかる費用を抑えることが出来ます。

またシェアハウスをすると、普段から英語をたくさん使うことになるので、英語力の向上にもオススメです。

 

トロントでオススメの語学学校

続いて、トロントで語学留学をする際にオススメの学校を紹介したいと思います。また弊社では、留学サポートをしており、提携している語学学校の申し込みをされた方には、留学手続き代行サポート、学生ビザ申請サポートが無料で受けられるサービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

LSI Toronto校

全体の生徒数60~180名
1クラスあたりの人数最大15名
期間1~52週間
入学資格16歳以上
滞在先ホームステイ

LSI(Language Studies International)は50年以上の歴史を持ち、世界8ヶ国以上に校舎を持つ、伝統ある語学学校グループです。

LSIのトロント校は、都市の中心部からすぐの場所にある美しい住宅街、ローズデール地区にあります。地下鉄の駅も近く、レストラン、公園も学校のすぐ近くにあるアクセスの良い立地です。

校舎は近代的で吹き抜けになっている建物の2階と3階にあり、全ての教室に太陽の光が差し込むようになっているので、校舎全体が明るい雰囲気になっています。

他の大規模な語学学校と比べると、LSIトロント校は全体の生徒数も少ないので、アットホームな雰囲気で英語学習がしたい方にはオススメです。

トロント留学のまとめ

トロントはマルチカルチャーで、多くの人や、食、芸術、自然に出会える都市です。アウトドアとインドア両方の魅力がある都市なので、どのような留学生でも楽しむことができるでしょう。

なにより多様性の強い都市なので、さまざまな人や文化と出会いに触れることで、日本では得ることのできない新しい考え方や価値観を得ることができるでしょう。トロントでの経験全てが人生の宝物になること間違いなしです。

ぜひ事前の準備を万端にしてからトロントに留学し、人にはない自分だけの経験を手に入れましょう。

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください