休学留学/認定留学

英語力が上級の場合はビジネス留学 英語力が上級の場合は大学単位取得 英語力が中級の場合はコミカレ単位取得 英語力が初級の場合は語学研修

認定留学とは?

最近、よく耳にするのが認定留学。大学を一年間休学して、認定留学を希望する大学生も多くなっています。ここでは、認定留学制度について、そのメリットやデメリットを含めて説明します。

認定留学とは、日本の大学に在籍しながら、海外の大学に1年間留学し、海外で取得した単位を在籍する日本の大学に移行する制度です。一般的に、大学在籍中に海外へ1年間留学すると、大学を休学して行くことになるため、日本の大学の卒業が1年間遅れることになります。認定留学の場合、大学の承認を得て留学する制度のため、留学期間も在籍していたとみなされ、海外に留学しても、4年間で卒業ができるというメリットがあります。

また、日本の大学が協定している海外の大学へ留学する交換派遣留学の場合、留学先が大学の協定校に限られ、また、定員が非常に少ないため、審査や試験などを受けて合格しなければ留学ができません。認定留学の場合、自分の目的や希望に合わせて留学先の学校を選べるので、自由なプランを組むことが可能です。

海外の大学で取得した単位の移行については、単位移行の可・不可や移行できる単位数を含めて、在籍する日本の大学が決定します。一般的には、学位授与権のある大学で科目履修をして取得した単位であることや、日本の大学の専攻に関連のあるコースであること、移行単位の上限は30単位までといったような規則があります。このため、留学希望の大学に出願する前に、在籍する大学に確認することが必要です。

認定留学が認められるのは、一般的に4年制大学となります。留学手続きは、一般の正規留学と同じで、海外の大学に出願して入学許可を取得することが必要です。4年制大学に合格するには、TOEFL 80〜100やIELTS 6.0〜6.5以上の英語力があること、成績が優秀であることといった条件が必要です。

とはいえ、最近は、在籍中の留学を推奨する大学が増えてきており、認定留学の条件も幅広くなってきました。上記のように4年制大学で正規の授業を受講するのではなく、2年制大学であるコミュニティカレッジでの履修でも認定してくれる大学もあります。あるいは、最初の半年は英語コースを受講し、次の半年は学部のクラスを受講するということで認定留学を認めてくれる大学、さらに、語学系の専攻の場合などでは、大学付属の語学学校で英語コースを受講することでも認定留学になる大学も増えてきました。

まずは、現在在籍中の大学に、認定留学の条件を確認してみましょう!

認定留学のメリット

  • 留学期間も在籍期間として認めてくれるため、4年間で大学卒業できる
  • 留学先の大学で取得した単位を在籍している大学に移行できる
  • 留学先の大学は、在籍している大学の協定校に限らず、自分で選ぶことができる
  • 将来海外の大学に留学しようとする際にも、認定留学中に取得した単位が認められる

認定留学のデメリット

  • 留学期間も在籍扱いとなるため、日本の大学にも学費を払わなければいけない場合が多い
  • 留学費用も自己負担
  • 大学入学条件となる英語力および優秀な成績があることが前提(※英語コースの受講でもOKといった場合もあり)
  • 留学手続きは大学では行ってくれないため、自分でする必要がある

休学留学や認定留学におススメのプログラム

英語力が上級 ⇒ エクステンションで「ビジネス+インターン」「語学研修+ビジネス」

アメリカの大学エクステンションでは、大学生でもビジネスの基礎を学び、インターンシップに参加できるようなプログラムが用意されています。

アメリカの大学エクステンションで提供されているプログラム
大学名プログラム名受講条件
カリフォルニア大学サンディエゴ校
エクステンション(UCSD)
Business Essentials英語力:TOEFL iBT 71、IELTS 6.0、TOEIC 700
その他の条件:大学2年次を修了、成績優秀、受講時点で21歳以上
カリフォルニア大学アーバイン校
エクステンション(UCI)
Business Administration英語力:TOEFL iBT 71、IELTS 6.0、TOEIC 710
その他の条件:大学3年次を修了、成績優秀
カリフォルニア大学バークレー校
エクステンション(UCB)
Business Administration
Entrepreneurship
Marketing
Project Management
英語力:TOEFL iBT 79、IELTS 6.5
その他の条件:大学3年次を修了、成績優秀

英語力が上級 ⇒ 4年制大学にて「単位取得」「語学研修+単位取得」

大学エクステンションや付属語学学校などでは、正式に大学に出願をして入学許可を得ることなく、大学の授業をアメリカ人学生と一緒に履修できるプログラムが提供されています。また、大学によっては、1年間だけ在籍して大学の授業を履修できるプログラムが提供されています。

規定の英語力に少し足りないという場合、最初に英語コースを1学期受講し、次の学期で大学の授業を履修することもできます。Study Abroad with Englishの場合、大学の授業を受講する前に、一定の期間英語コースを受講することを前提にしたプログラムとなっています。

アメリカの大学エクステンションで提供されているプログラム
大学名プログラム名受講条件
カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)University & Professional Studies (UPS)英語力:TOEFL iBT 90、IELTS 7.5
その他の条件:成績優秀であること
サンディエゴ州立大学(SDSU)Semester at SDSU英語力:TOEFL iBT 80、IELTS 6.5
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)Study Abroad @ the Beach英語力:TOEFL iBT 61、IELTS 5.0
その他の条件:1学期目にGPA2.0以上が取れないと、次学期の受講ができない
カリフォルニア州立大学ノースリッジ校(CSUN)Semester at CSUN(SAC)英語力:TOEFL iBT 61、IELTS 6.0、英検準一級
その他の条件:GPA 2.0
アメリカの大学で提供されているプログラム
大学名プログラム名受講条件
ルイスクラーク州立大学
(アイダホ州)
Study Abroad in Idaho英語力:TOEFL iBT 61、IELTS 5.0、TOEIC 730
その他の条件:成績は平均以上
ウィチタ州立大学
(カンザス州)
Guest Student英語力:TOEFL iBT 72、IELTS 6.0
その他の条件:最低GPA 2.0
オレゴン州立大学
(オレゴン州)
Study Abroad with English英語力:TOEFL iBT 60、IELTS 5.5
その他の条件:GPA 2.5以上、1年次を修了
Visiting Int'l Student英語力:TOEFL iBT 80、IELTS 6.5
その他の条件:最低GPA 2.5
サウスフロリダ大学
(フロリダ州)
Study Abroad with English英語力:TOEFL iBT 60、IELTS 5.5
その他の条件:最低GPA 2.5
カナダの大学で提供されているプログラム
大学名プログラム名受講条件
アルバータ大学
(アルバータ州)
Visiting Student Certificate Program英語力:TOEFL iBT 86、IELTS 6.5
その他の条件:成績は平均以上
ビクトリア大学
(BC州)
International Visiting Student英語力:TOEFL iBT 90(すべて20以上)
IELTS 6.5(すべて6.0以上)
その他の条件:成績は平均以上
イギリスの大学付属語学学校で提供されているプログラム
大学名プログラム名受講条件
イーストアングリア大学
(イングランド東部)
Study Abroad with English1学期間の英語を受講する場合:IELTS 6.0
2学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.5
大学の授業履修に必要な英語力:IELTS 6.5
その他の条件:成績は平均以上
グロスターシャー大学
(イングランド南西部)
Study Abroad with English1学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.5
2学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.0
大学の授業履修に必要な英語力:IELTS 6.0?〜7.0
その他の条件:成績は平均以上
エクセター大学
(イングランド南西部)
Study Abroad with English1学期間の英語を受講する場合:IELTS 6.0
2学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.5
大学の授業履修に必要な英語力:IELTS 6.5〜7.0
その他の条件:成績は平均以上
ニューカッスル大学
(イングランド北東部)
Study Abroad with English1学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.5
2学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.0
大学の授業履修に必要な英語力:IELTS 6.0
その他の条件:成績は平均以上
Study Abroad英語力:IELTS 6.0
1月/9月開始の場合、直接学部クラスの受講が可能
その他の条件:成績は平均以上
グラスゴーカレドニアン大学
(スコットランド)
Study Abroad with English1学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.5
2学期間の英語を受講する場合:IELTS 5.0
大学の授業履修に必要な英語力:IELTS 5.5〜6.0
その他の条件:成績は平均以上
ニュージーランドの大学で提供されているプログラム
大学名プログラム名受講条件
オークランド大学
(北島)
Study Abroad英語力:TOEFL iBT 80(ライティング21以上)、IELTS 6.0(すべて5.5以上)
その他の条件:成績が平均以上
オークランド工科大学
(北島)
Study Abroad at AUT英語力:TOEFL iBT 79-80、IELTS 6.0(すべて5.5以上)
その他の条件:成績が平均以上
オタゴ大学
(南島)
Study Abroad英語力:TOEFL iBT 80(ライティング20以上)、IELTS 6.0(6.0以下なし)
その他の条件:GPA 3.0以上
カンタベリー大学
(南島)
Incoming Study Abroad英語力:TOEFL iBT 80(すべて19以上)、IELTS 6.0(すべて6.0以上)
その他の条件:GPA 2.8以上
リンカーン大学
(南島)
Study Abroad英語力:TOEFL iBT 79、IELTS 6.0(すべて5.5以上)
その他の条件:GPA 2.75以上

英語力中級 ⇒ 2年制大学にて「単位取得」「語学研修+単位取得」

アメリカのコミュニティカレッジに入学するための英語条件は、4年制大学よりも低く設定されているところが多くあります。認定留学の条件が、4年制大学にはこだわらず、正規の学部クラスでの単位履修であり、2年制大学でもかまわないということであれば、コミュニティカレッジの方が選択肢が広がります。

コミカレの学部の授業を受講するための英語条件にも少し足りない・・・という場合、コミュニティカレッジに条件付で入学をして、最初は英語コースで英語を勉強し、英語力が規定に達したら、次の学期から大学やカレッジの授業を履修するというパターンも考えられます。大学によっては、こういった英語コースから始める条件付入学でも認定留学を認めてくれるところもあります。

アメリカのコミュニティカレッジ
大学名場所受講条件
Whatcom Community Collegeベリンガム(ワシントン州)TOEFL iBT 61
Cascadia Community Collegeシアトル(ワシントン州)TOEFL iBT 70
Seattle Central Collegeシアトル(ワシントン州)TOEFL iBT 68
Bellevue Collegeベルビュー(ワシントン州)TOEFL iBT 61
Green River Community Collegeアーバーン(ワシントン州)TOEFL iBT 61
Spokane Falls Community Collegeスポーケン(ワシントン州)TOEFL iBT 61
Southwestern Oregon Community Collegeクースベイ(オレゴン州)TOEFL iBT 45
Moraine Valley Community Collegeパロスヒルズ(イリノイ州)TOEFL iBT 79-80
College of Central Floridaオカラ(フロリダ州)TOEFL iBT 61

英語力が初級 ⇒ 大学キャンパス内の語学学校で「語学研修」

英語力はまったくない・・という場合は、一年間で使える英語力を習得することを目標に、語学学校で英語コースを受講しましょう!
大学キャンパス内にある語学学校を選択すれば、大学の施設も使えるようになります。自分から一歩踏み出して、大学のサークルに参加したり、エクスチェンジレッスンをやったりと、大学のキャンパスライフを楽しむようにしましょう。

△ top

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

留学サイトドットコム

J-CROSS

NPO留学協会

AIU留学保険

(承認番号:AIU-関-15-250010)

ジェイアイ留学保険

(承認番号:M14W150)

oneyT Global
キャッシュパスポート
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引