留学で使う英語表現<1>

  • 2020年6月1日
  • 2020年7月1日
  • 英語

go with the flow

Quite often in life, good things happen when you don’t make plans. Just go with the flow and see what happens!
人生では度々、予定していない時に良い事が起こるモノです。ただ流れに身を任せ、様子を見てみましょう。

「go with the flow」は、「流れに身を任せよう」、「気楽に行こう」という意味です。

hit the books

I can’t watch the game tonight, I have to hit the books. I have a huge exam next week!
今夜のゲームは観られないよ。猛勉強しないと。来週大事なテストなんだ。

「hit the books」とは、「一生懸命勉強する」という意味です。

cup of tea

I know that horror films are not your cup of tea, but you should try this one!
ホラー映画が好きじゃないのは知ってるけど、コレは観てみて!

「cup of tea」は「好きなもの」「お気に入り」という意味です。「It’s not my cup of tea.」を直訳すると「それは私の紅茶ではない」となりますが、「それは私は好みじゃないわ。」という意味になります。

It never rains but it pours

After months of looking for a job, I suddenly have three job interviews. It never rains but it pours!
何ヶ月も就活してたのに、急に3社も面接してもらえる事になった!良い事は重なるね!

The whole house is down with the flu. When it rains it pours.
家族み?んなインフルだよ・・・。悪い事は重なるね。

「It never rains but it pours」は、良くも悪くも物事は重なって起こるという意味です。

ネットスラング:AMA、JK、LMK、NVM

Feel free to AMA!
気軽になんでも聞いてよ!
【AMA】Ask me anything.

I’m JK!
冗談だよ!
【JK】Just kidding.

When you have a time, LMK.
時間ができたら教えて。
【LMK】Let me know.

NVM.
気にしないで。
【NVM】Never mind.

use your noodle

You’re going to have to really use your noodle on this crossword puzzle. It’s an extra difficult one.
このクロスワードは本当に頭を使わないといけないよ。特に難しいものだから。

「use your noodle」は直訳だと「麺を使え」となってしまいますが、「頭を使え」という意味になります。

once in a blue moon

You clean up your room once in a blue moon.
あなたは滅多に部屋を片付けない。

She drinks once in a blue moon.
彼女は滅多に飲まない。

Once in a blue moon, I visit my grandmother.
ごくたまに祖母に会いに行きます。

「once in a blue moon」は、「滅多にない」「ごくたまに」という意味です。

silver lining

Every cloud has a silver lining.
どんな絶望の中にも必ず希望はある。

「silver lining」は「銀の裏地」という意味です。直訳だと「どんな雲にも銀の裏地がある」となりますが、「どの雲の裏側にも太陽に照らされた明るい部分がある」というということ、「どんな絶望の中にも必ず希望はある」という意味になります。

hot potato

The issue is a hot potato.
その問題は厄介だ。

She droped him like a hot potato.
彼女はいとも簡単に彼を振った。

「hot potato」は直訳だと「熱々のポテト」ですが、「関わりたくない厄介な問題」という意味があります。「A political hot potato」で「厄介な政治問題」となります。

さらに、「drop ~ like a hot potato」とすると、「人との関係を断つ」「厄介払いする」「物事を急いで排除する」という意味になります。

save for a rainy day

I know you want to buy a new car with your bonus, but I think you should save the money for a rainy day.
ボーナスで新しい車を買いたいのは知ってるけど、万一の為に貯金するべきだと思うよ。

「save for a rainy day」は、「万一の為に貯金する」「いざという時のために蓄える」という意味です。

over the moon

Katy was over the moon when Tom proposed to her.
トムがプロポーズした時ケイティは大喜びだった。

Are you happy you got the job?
その仕事ができて嬉しい?
Happy? I’m over the moon!
嬉しい?もう嬉し過ぎだよ!

「over the moon」とは、「あまりにうれしくて月をも超えてしまう気持ち」を意味します。日本でも「天にも昇る心地」という表現がありますが、同じですね。

give it up for

Ladies and Gentlemen, give it up for Ariana!
皆さん、アリアナに拍手を!

They gave it up for the both teams.
彼らは両チームに拍手を送った。

「give up」は「諦める」という意味でよく使われますが、「give it up for」で、「拍手を送る」という意味になります。

sweet tooth

I have a sweet tooth. I can’t say no to chocolate.
甘いモノ大好き。チョコとか大歓迎。

I need some cookies to satisfy my sweet tooth.
甘いモノが欲しくてたまらない、クッキーが必要だわ。

「sweet tooth」は、「甘党」「甘いモノ好き」という意味です。

Fair enough

I’ll wash the dishes, so can you fold the laundry?
食器を洗うから、洗濯物をたたんでくれる?
Fair enough.
まぁ、いいよ。

「Fair enough」とは、「まぁそれでいいよ」「妥当だね」「文句はない」といった意味です。相手の説明が的を得ていたり、理由を受け入れるのにふさわしいと納得した場合に使います。

knock on wood

I’m glad it hasn’t rained yet, knock on wood.
まだ雨が降っていなくてよかった、(このまま降りませんように)。

「knock on wood」は直訳すると「木を叩く」ですが、「幸運を祈る」「幸運を続ける」「不幸を避ける」おまじないのようなフレーズです。言いながら、机など木の製品をコンコンコンと叩きます。

out of the blue

The news came out of the blue.
そのニュースは突然出回った。

Completely out of the blue, he got a letter from his ex-girlfriend.
全く突然、彼は元彼女からの手紙を受け取った。

「out of the blue」は、思いがけなく、突然、いきなりという意味です。「a bolt from the blue」とも表現しますが、「青天の霹靂」と同じで、「青空から雷」の意味です。

a man of his word

Don’t worry, he’ll be here by 6:00 pm. He’s a man of his word.
大丈夫、彼は6時までに来るよ。彼は言った事は必ず守る人だから。

「a man of his word」で「言行一致」という意味です。「word」には「単語」「言葉」の他に、「約束」「保証」という意味もあります。女性の場合は「a woman of her word」とも言います。

a piece of work

He’s a real piece of work.
彼は本当にとんでもない人だ。

「a piece of work」は、「remarkable piece of work」(素晴らしい作品)というように「作品」「仕事」という意味で使いますが、「扱いにくい人」「とても変な人」という意味もあります。

on cloud nine

I’ve been on cloud nine ever since I got my dream job.
本当にやりたかった仕事を始めてから、とっても幸せです。

「on cloud nine」は、「最高に幸せ」「とても嬉しい」という意味です。

third time’s the charm

The third time’s the charm for me. You will see how I win this game!
私には三度目の正直。このゲームは勝つから見てて!

「third time’s the charm」は「三度目の正直」という意味です。

ネットスラング:TBH、BRB、IMO

tbh, he is not my type.
正直、彼はタイプじゃないの。

「tbh」はネット用語で、「to be honest」の略になります。

brb, I have to pee.
すぐに戻るね、ちょっとトイレ。

「brb」はネット用語で、「be right back」の略になります。

imo, I think it’s not so bad.
私の意見としては、そんなに悪くないと思うよ。

「imo」はネット用語で、「in my opinion」の略になります。

butterflies in one’s stomach

I have butterflies in my stomach!
緊張する!

「butterflies in one’s stomach」は、「そわそわする」、「緊張する」という意味です。

between you and me

Let’s keep this conversation between you and me.
この話はここだけの秘密ね。

「between you and me」は、「ここだけの話」「内密に」という意味です。

can’t stand

I can’t stand people who smoke in public places.
公共の場所でタバコ喫煙マークを吸う人には耐えられない。

「can’t stand」は、「~が嫌い」「~には我慢ならない」という意味です。

speak of the devil

A : How’s Tom doing?
トムってどうしてるの?
B : He is still working at…speak of the devil!! Here comes Tom!
まだ働いて・・・。噂をすれば!ほら、トムがきた!

「speak of the devil」は、「噂をすれば・・・」という意味です。

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください