シアトル留学のメリット・費用は?オススメの語学学校も!

カナダとの国境に近く、スターバックスやコストコなど、日本での馴染みの深い大企業の本社なども数多くあるシアトル。

過ごしやすく治安もよいシアトルは、勉強しやすい環境でもあり、留学先としても人気のある都市です。

シアトルとはどのような都市なのか、シアトルに留学するメリットや費留学費用、またシアトル留学における注意点やおススメの語学学校についても紹介します。

シアトルの基本情報

アメリカの西海岸の北側にあるシアトルは、カナダとの国境も近く、海や山などの自然も多くある都市です。

ワシントン州に属するシアトルには、四季もあります。ただし、日本の気候のように、気温差はほとんどなく、夏でも25℃前後で年間を通して過ごしやすいのが特徴です。そうはいっても、夏は日差しが強くなる日もあり、ゲリラ豪雨などは心配ありませんが、10月から4月にかけては雨季で小雨が降る日も多いです。

日本との時差は17時間。3月中旬から11月上旬までのサマータイムの時期は、16時間となります。シアトルまでは直行便があり、東京からは約9時間で到着します。

人口は約72.5万人(2017年)。環境問題に対する意識が高いことでも知られ、リサイクル法の整備やハイブリッド・バスの運行なども実施。地球温暖化防止のための取り組みに積極的な都市でもあります。

シアトル留学のメリット・魅力

日本だけでなくさまざまな国からの留学生も多いシアトル。留学のメリットと魅力はどういった点があるかお伝えします。

住みやすい環境が整っている

“エメラルド・シティー”とも呼ばれるシアトルは水と緑、山に囲まれた自然豊かな地域です。豊かな緑と美しい山並みの「マウント・レーニア国立公園」では絶景と言われる美しい自然を見ることができ、心も癒されるでしょう。

シアトルは夏は涼しく冬での厳しい寒さにはならないので、過ごしやすいです。また、自然が多い一方で、世界の企業が集まる大都市でもあります。高層ビルも多く、自然だけではなく、大都市としての一面もあります。スペースニードルというシンボルタワーから見渡せるシアトルの街並みは美しく、自然と都会とが融合されている美しい街です。

そんなシアトルは国内でも住みやすい都市とされ、金融関連の調査などを行うWalletHubの「アメリカで最も住みやすい大都市」ランキングでは2018年度に1位に選ばれています。また、U.SNEWSの「米国で最も住みやすい都市」ランキング2017年版では6位になるほど。住みやすさには定評があるのです。

また、かつて多くの日本人が移住した歴史があります。そのせいもあり、現在でも日本のスーパーマーケットや日本食レストランなども多いです。日本食が恋しくなったら「インターナショナル・ディストリクト」に足を運んでみましょう。日本の商品も簡単に手に入れることができます。

有名企業が多く刺激を受けることができる

シアトルには有名企業が集まっています。スターバックスやマイクロソフト、コストコやアマゾンなど日本でもよく知られている有名企業があります。

会社によっては本社の中に入って見学ができたり、製品を体験したりすることも可能です。知り合いがいれば社内を案内してもらうことができるケースもあります。有名企業の雰囲気に触れるだけでも刺激となるでしょう。

語学学校で英語を勉強した後、企業でインターンシップをする学生も少なくないようです。

交通手段が発達している

シアトルのメリットの一つは街がそれほど大きくないので、電車やバスなどの公共交通機関で大抵の場所には行けてしまいます。

日本で移動手段で便利なのは電車ですが、シアトルに住んでいる人たちの多くはバスを利用しています。本数も多くあるので、待ち時間も短くてすみます。

バスに乗る際にはオルカカードという日本でいうPASMOやSuicaのようなカードがあるので、ぜひ活用して支払いをスムーズに済ませましょう。

治安がよい

海外留学で注意したいことの一つが留学先の治安ですが、シアトルはアメリカ国内では治安がよい街として知られています。アメリカの都市の中では、犯罪も少なく、殺人事件などの発生件数も少ない街です。

治安が良いとはいえ、夜中まで出歩いたり、危険な地域と言われている場所に行ったりするのは危険です。日本の治安は世界でも屈指の良さなので、日本にいる感覚で油断していると、犯罪に巻き込まれてしまうこともあるので、用心も必要です。

例えば日本では、カフェやレストランなどで席に荷物を置きっぱなしにしてトイレに行っても大丈夫ですが、海外ではそんな隙に荷物が盗られてしまったりしますので、いつでも注意は必要です。

シアトル留学で注意すること

物価が高い

シアトルの物価は日本の物価と比べて高いため、家賃や生活費は節約する必要が出てくるかもしれません。生活費は多めに用意しておいた方が安心です。

また一人暮らしよりもルームシェアなどで、家賃を節約するのも方法の一つです。留学生の仲間と一緒に住むことで、英語を使う頻度が上がり英語力向上にも繋がるので、ルームシェアは特にオススメです。

雨がよく降る街

シアトルの気候にも注意が必要です。シアトルでは雨がよく降る街として有名です。朝は晴れていても、午後になって突然雨が降り出すということもよくあります。とはいえ、小雨が降ることが多く、どしゃ降りの雨は珍しいですので、そこまで心配しなくてもいいかもしれません。

折りたたみ傘をいつでも携帯しておくのがオススメです。服装やバッグなども防水機能があるものを持っておくと、なお便利です。

シアトル留学にかかる費用

気になるのが、留学にかかる費用についてです。

★シアトルに語学留学した場合の留学費用の一例です。

【学校】カプラン・シアトル校
【コース】インテンシブ英語(24週)
【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、朝・夕食付き、24~26週間)
【空港出迎え】あり

留学手続き代行手数料0
学生ビザ申請サポート0
学校申込金185
授業料11,400
ホームステイ滞在費5,980
滞在先手配料50
空港出迎え料155
I-20送料75
合計US$17,845

アメリカドルで$17,845は日本円で約190万円(2019年9月現在のレート)です。

中心部から少し離れた郊外に住んだり、外食をあまりせず自炊するなど、費用を抑える方法は色々あります。長期滞在の場合に特にオススメなのが、留学で知り合った仲間とルームシェアをすることです。

シアトルでオススメの語学学校

続いて、シアトルで語学留学をする際にオススメの学校を紹介したいと思います。また弊社では、留学サポートをしており、提携している語学学校の申し込みをされた方には、留学手続き代行サポート、学生ビザ申請サポートが無料で受けられるサービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

Kaplan Seattle校

全体の生徒数90~130名
1クラスあたりの人数平均12名(最大15名)
期間2~52週間
入学資格16歳以上
滞在先ホームステイ、民間レジデンス

Kaplan(カプラン)は世界中に40校以上の校舎をもつ世界最大規模の英語語学学校です。

シアトルの中心部であるウォーターフロントに近い場所にカプランのシアトル校があります。校舎はスタイリッシュな雰囲気で、コンピュータールーム、学生ラウンジ、図書室や無料WiFiなどの施設が備わっています。

立地が良く、博物館、レストラン、ショップなども周囲にあり、ダウンタウン(中心部)へのアクセスも便利です。また、スターバックス1号店とパイク・プレース・マーケットも徒歩圏内にあります。

また、ハイキングやカヤック、レーニア山でのスキーだったり、美術館・ギャラリー巡りなどのアクティビティも用意されているので、楽しみながら英語力を身に付けることが出来ます。

シアトル留学のまとめ

有名企業が集まるシアトルは大都市でありながら、豊かな自然に恵まれた過ごしやすい環境です。

勉強に疲れたら自然に癒してもらったり、興味のある企業に行って社内見学をさせてもらったり、気分転換の方法もさまざまあります。また、日本食が恋しくなっても、日本食のレストランも多くあるので安心ですね。

ぜひ事前の準備を万全にして、シアトルでの留学生活を充実させましょう!

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください