バンクーバー留学のメリット・費用は?オススメの語学学校も!

英語力の向上、生活の快適さという点からバンクーバーは日本人が語学留学をするのに最も適した場所の1つです。語学留学先としてバンクーバーは非常に人気の場所であり、日本人だけでなく様々な国籍の方が語学学校で英語を勉強しています。

そこでこの記事では、バンクーバーがどういう場所なのか、バンクーバー留学の魅力、そして留学をする際の注意点を紹介していきます。

バンクーバーの基本情報

あまり知られていませんが、バンクーバーはカナダで最大の産業都市の1つであり、ソフトウェアや映画産業の中心地です。

非常に過ごしやすい気候で、夏でも30度を超える真夏日になることはほとんど無く、湿度も低く乾燥しているため快適に暮らすことができる場所であると言えます。最も寒い12月になると、平均気温は3度から4度まで落ち込み、少し寒さを感じるでしょう。

人口はおよそ60万人で、そのうち約半数を中国系、韓国系、日系をはじめとするアジア系が占めており、親近感・安心感のようなものを感じることが出来ます。中心地には日本人向けのレストランやコンビニもあり、そこへ行けば多くの日本人を見かけます。

時差に関しては、東京とバンクーバーでは16時間の差があり、到着後に時差ボケに悩まされることがあります。また、バンクーバーではバスや鉄道の公共交通機関が非常に充実しており、移動に関して困ることは少ないです。

 

バンクーバー留学のメリット・魅力

バンクーバーで語学留学をするメリットは、学習面と生活面に大きく分けられます。

バンクーバー留学の学習面のメリット・魅力

まず初めに学習面に関しては、カナダ人のクリーンな英語、豊富な種類の語学学校、そして非常に高い教育水準という3点を挙げることができます。

クリーンな英語

地理的にアメリカに近いため、バンクーバーで話されている英語はアメリカで話されているものと共通する部分が多くあります。

日本人が義務教育で学んできた英語はアメリカ英語が基本であるため、言い回しや発音、単語の使い方など、今まで学んできた英語との親和性が強く、違和感なく学習を進めることができます。

語学学校が豊富

そして、カナダには非常に豊富な種類の語学学校が存在し、授業料金や学校が提供するアクティビティ、一緒に授業を受ける生徒の国籍など、自分自身に適した語学学校を選ぶことが可能になります。

語学学校を選ぶ際に何を一番大事な基準とするかは人によって異なりますが、絶対に外せない条件を軸に語学学校を検索しても多くの選択肢が残されており、最適な学習場所を容易に見つけることができるでしょう。

高い教育水準

また、バンクーバーには語学学校が多いため自然と競争が激しくなり、”語学学校激戦区”と呼ばれることもあります。

必然的に教育の質が上がり、レベルの高い語学教育、十分に整備された学習環境を得ることができます。

バンクーバー留学の生活面のメリット・魅力

次に生活面に関するメリットとして治安の良さ、充実した公共交通機関、自然の多さという3点があります。

治安の良さ

日本に住んでいると当たり前に感じられるかもしれませんが、安心して暮らすために治安の良さという点は非常に重要です。

もちろんバンクーバーでもごく一部に危険な地域はありますが、中心地であれば女性が夜に1人で出歩いても安心できるレベルの治安の良い都市です。

公共交通機関が発達している

そして公共交通機関が整備されていることも魅力の1つで、これらを使いこなせば車がなくてもたいていの場所に移動することが可能です。

価格も低く、語学学校への通学、休日の観光など気軽に利用できるのは便利なポイントです。バスルートや鉄道はそこまで複雑でなく、ルートマップが街中数多く設置されているため、迷わずに交通機関を利用することができます。

豊かな自然

自然が多いという点もバンクーバーの魅力です。海岸や広大な公園、山などが多く緑に囲まれた都市であるため、勉強に疲れた心を癒すためのアクティビティはたくさんあります。街の中にも緑が多く、リスなど野生の動物を見かけることもあります。生活と自然が一体となっており、気持ちよく過ごすことができます。

英国・エコノミスト誌が発表した”世界で最も住みやすい都市ランキング”ではバンクーバーが上位にランクインしており、住みやすさという点で世界的に有名な都市です。このランキングは、犯罪率、政治・社会的安定、教育、インフラ、医療サービスなどを数値化したものであり、データからも住みやすい街であることが分かります。

 

バンクーバー留学で注意すること

バンクーバー留学をする際に注意すべきことは危険な場所へ近づかないこと、そして留学中の日本人との関わり方の2点です。

一部の危険な場所

バンクーバー留学のメリット・魅力として治安の良さを挙げましたが、そんなバンクーバーでも治安の悪い場所は存在します。特に危ない場所だと言われているのは、バンクーバーの外れにある”チャイナタウン”というエリアです。

アルコールや薬物中毒の人が多く、足を踏み入れると事件に巻き込まれる可能性も高くなります。

ある程度現地での生活に慣れてくると色々な場所に訪れたくなるかもしれませんが、事前にネット等で危険な場所を確認し、そういった場所にはなるべく近づかないように気を付けましょう。少しの注意点を意識するだけで犯罪に巻き込まれる可能性が格段に下がります。

日本人留学生が比較的多い

バンクーバーでは非常に多くの日本人を見かけます。日本人が多いことや、日本人向けのサービスが多いことは最初は心強いかもしれませんが、せっかくお金を払って留学に行ったのにいつも日本人とばかり行動していては英語力向上の妨げになってしまうこともありますし、貴重な異文化体験ができなくなってしまいます。

留学に行っただけでは英語は話せるようにならず、授業や日常生活で積極的に使わなければ英語力の向上はありません。

留学の目的は人によって異なりますが、もし英語が話せるようになりたい、異文化交流を楽しみたいという目的で留学に行くのであれば、現地での日本人との関わり方に気を付けることが大事かもしれません。

とはいえ、現地で知り合った日本人の友達や知り合いがいると、いざという時に頼れたり、英語を使うのに疲れてしまった時でも息抜きで日本語で気兼ねなく話を出来たりするので、決して悪いことではないです。ただ、バランスが重要になってきます。

 

バンクーバー留学にかかる費用

気になるのが、留学にかかる費用についてです。

★バンクーバーに語学留学した場合の留学費用の一例です。

【学校】ELSバンクーバー校 
【コース】一般英語(週30レッスン、24週間)
【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、朝・夕食付き、24週間)
【空港出迎え】あり

留学手続き代行手数料¥0
学校申込金$125
授業料$7,905
教材費$300
滞在先手配料$240
ホームステイ滞在費$5,250
空港出迎え料$125
合計CAN$13,945

カナダドルで$13,945は日本円で約111万円となります(2019年9月現在のレート)。

バンクーバーの都心部は平均賃料が高く、滞在費がかさんでしまうので、ダウンタウンから少し離れた郊外に住んだり、数人でシェアハウスをなどをすると、留学にかかる費用を抑えることが出来ます。

 

バンクーバーでオススメの語学学校

続いて、バンクーバーで語学留学をする際にオススメの学校を紹介したいと思います。また弊社では、留学サポートをしており、提携している語学学校の申し込みをされた方には、留学手続き代行サポート、学生ビザ申請サポートが無料で受けられるサービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

 ILAC Vancouver校

全体の生徒数650名ほど
1クラスあたりの人数10〜12名ほど
期間2〜52週間
入学資格18歳以上(高校生プログラムは16歳)
滞在先ホームステイ、民間レジデンス

ILAC(アイラック)はカナダのバンクーバーとトロントを拠点とする語学学校です。

北米における優れた英語学校として何回も選ばれたり、数々の賞を受賞するなど人気の高い学校です。

世界70カ国から留学生が集まってきており、アジア、南米、ヨーロッパ&中東からの生徒のおよその割合が1/3ずつとなっているので、カナダならではの多様性を体感することが出来ます。

スタッフもそれぞれの国からの学生に対応できるよう14ヶ国以上に対応しており、嬉しいことに日本人のスタッフの方もいるので、何かあった時でも日本語を使って相談できるので安心です。

 

バンクーバー留学のまとめ

注意点として少し厳しいことも書きましたが、英語学習、異文化交流、住みやすさ等どれを取っても質が高く日本人にとって最も適した留学先の1つであると言えるでしょう。

海外に長期滞在することに不安を抱えている方もいるとは思いますが、いざとなれば日本食のレストランもありますし、日本人もいるので心配は不要です。語学学校の種類は豊富にあり、何を勉強したいのか、留学の目的は何なのかを明確にすれば、それに合った学校を見つけることができます。

英語力を伸ばしながら、自然と触れ合い、多様性の中で新たな発見をすることができるのがバンクーバー留学の特徴です。ぜひ、事前の準備を万全にして、充実した留学生活を送りましょう!

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください