『留学費用』いくら必要?

海外留学をしたいけど、留学費用がどれくらいかかるかわからない・・・という方のために、海外留学をするにはどんな費用が必要になるかをまとめてみました。

授業料

大学・短大の場合は私立と公立の違いによって、学校によって、あるいは専攻によって授業料が変ってきます。語学学校の場合は、週に受講する時間数や半日授業かフルタイムなどの選択するコースによって異なります。

また、物価の高い国は授業料も高め、物価の安い国は授業料も比較的安く、同一国内でも都市は高め、田舎は安いといったように、国や地域によっても異なります。国ではイギリスが高く、次にアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは比較的に安くなります。

学校による授業料の違いは、安いからお得だと思って選ぶと施設や授業の質が悪かったり、辺鄙な場所で困ったというケースがあったり、反対に高いから質の高い授業が受けられると思っていたら期待を裏切られたといったこともあります。学校選びは費用だけでなく、内容をよく確認してから選ぶようにしましょう。

宿泊費

留学の滞在形式としては、ホームステイ、レジデンス、学生寮が一般的です。学生寮は、ホームステイよりも高いことが多いです。また、長期留学の場合は、慣れてきたらアパートに引越し、友達とシェアするといった人も多くいます。

食費

ホームステイの場合は、食事が含まれている場合がほとんどです。ただし、週末は食事がないことも多いので、クラスメートと一緒にローカルのレストランで食べたり、気軽にテイクアウトしたり自由にできます。

ホームステイの食事については、各家庭により差が大きく、一般的に日本と比べて質素な食事であることが多いため、食材を自分で買ってきてキッチンを借りて自分で作ったりする人もいるようです。

交通費

学校までの通学費に加えて、放課後や週末など、観光にでかけたりするときの交通費が必要になります。

おこづかい

日用品を買ったり、電話代、娯楽などのためのお金も必要です。

渡航費

留学先の国までの航空運賃は出発時期により大幅に変わるため、オフシーズンを狙って留学するのがお得。年末年始、夏休み、ゴールデンウイークなどのピーク時はオフシーズンの2倍になることもあります。

大学のように入学時期を大幅にずらせない場合は仕方ないとしても、語学留学など入学時期が選べるときはなるべくオフシーズンを選べば、航空運賃を節約することができます。

海外保険

海外は医療費が非常に高いので、万が一のことを考えて、保険には必ず入っておきましょう。

通信費

携帯のレンタル代やインターネットのためのポケットWiFiの料金などがあります。日本の家族や友人との連絡は、スカイプやLINEを使えば、通話料金は無料です。

海外留学の費用に関する情報

海外留学に必要な費用

海外留学の費用の例

留学費用の見積もりがほしい方は・・・

費用自体も気になるけど、為替レートも気になりますよね?特に、長期の語学留学の場合、為替レートが1円違えば、全体の費用もかなり違ってきます。その点、留学サイトドットコムでは、適用する為替レートが三菱東京UFJ銀行の外国送金レート(TTSレート)そのまま。他社のように社内レートと称して、何円かを上乗せするといったことはないので安心です♪

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

J-CROSS

NPO留学協会

AIG損害保険

ジェイアイ留学保険
oneyT Global
キャッシュパスポート
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引