2016年アイルランド・ワーキングホリデー・ビザの申請方法

アイルランドのワーキングホリデービザについて

アイルランドのワーキングホリデービザは、アイルランドに最長12ヶ月滞在することができます。参加資格として、現在日本に居住していることが挙げられているので注意が必要です。申請後に旅行などで海外に行くことは可能ですが、ワーキングホリデービザの受理時点では日本に居住していなければなりません。また、申請許可が下りてからビザの発給まで約1〜2ヶ月ほどかかるため、出発までは3ヶ月ほど余裕をもって準備を進めましょう。

参加資格

アイルランドのワーキングホリデー・スキームの参加資格は下記になります。

  1. 申請時点を含み、現在日本に居住していること
  2. 申請書受理時点で、18歳以上30歳以下であること
  3. 最長1年間、アイルランドで休暇を過ごすことを本来の目的とすること
  4. 扶養家族(配偶者含む)を同伴しないこと(扶養家族に申請資格がある場合は、それぞれ申請することが可能)
  5. 有効なパスポートと帰国用航空券、またはそれが購入できる十分な資金を保持していること
  6. アイルランド滞在中、生活に必要な資金として50万円以上の預金があること
  7. 以前「ワーキングホリデー・プログラム」でアイルランドに渡航した経験がないこと
  8. 健康かつ、犯罪歴がないこと
  9. 滞在期間をカバーする医療保険に加入すること

申請方法

アイルランド大使館では、年に2回ワーキングホリデー・ビザを発給します。申請受付期間外には受理しませんので、注意が必要です。

  • 1回目: 2016年1月1日〜1月31日(2016年8月31日よりも前にアイルランドに渡航する場合)
  • 2回目: 2016年6月1日〜6月30日(2016年8月31日〜2017年2月28日の期間にアイルランドに渡航する場合)

1. 申請書をメールにて提出

申請書はアイルランド大使館のウェブサイトよりダウンロードし、必要事項を英文記入のうえ、申請書を添付ファイルにて指定アドレスにメールするか、郵送します。

2. 必要書類の提出

申請許可をメールで受領したら、以下の必要書類を大使館宛に郵送します。

  • 申請許可のメールをプリントアウトしたもの
  • 写真 2枚(6ヶ月以内に撮影したもの) ※1枚は申請書に貼付
  • パスポート(原本) ※必要な有効期間は滞在期間+6ヶ月
  • パスポート(コピー) ※顔写真のページとスタンプが押されているページすべてのコピー
  • 英文の履歴書(フォーマットは特にないので、一般的なものでOK。A4サイズで1ページ)
  • 最終学歴校の英文の卒業証明書(現在就学中の方は、英文の在籍証明書でも可)
  • 英文の残高証明書 ※本人名義で50万円以上の預金があること
  • 医療保険証券又は付保証明(英文原本と A4 コピー1枚)
  • 航空券(原本と A4 コピー1枚) ※予約確認書可
  • 返信用レターパック 510 ※住所および氏名を記入のこと

アイルランドに入国してから30日以内に、アイルランド警察入国管理局(GNIB)において外国人登録をする必要があります。手続きは忘れずに行いましょう。

駐日アイルランド大使館・ワーキングホリデービザに関する詳細はこちら(日本語) >>>

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

J-CROSS

NPO留学協会

AIG損害保険

ジェイアイ留学保険
oneyT Global
キャッシュパスポート
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引