2022年9月|コロナ禍における日本入国の手順

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための水際対策が実施されており、日本人が海外から帰国する場合も、入国要件を満たす必要があります。入国時には、陰性証明書やその他の提出書類が求められます。以下は、入国時に必要な書類やアプリとなります。余裕を持って準備しておくようにしましょう。

尚、状況にあわせて措置が頻繁に更新されていますので、最新情報については、厚生労働省のサイトにてご確認ください。

水際対策に係る新たな措置について(厚生労働省のサイト)>>>

更新情報

  • 2022年9月7日以降、ワクチン3回目接種を完了している場合は出国前 72 時間以内の検査証明が免除になります。
  • 2022年6月13日、入国時に必要な出国前72時間以内の検査証明書の様式(厚生労働省所定のフォーマット)が改訂されました
  • 2022年6月1日以降、滞在していた国やワクチンの有無により、到着時の検査や自宅待機が不要になります。
  • 2022年2月24日:水際対策強化に係る新たな措置(27)が出され、3月以降の水際措置が次のように見直しになりました。
  • 2022年1月29日に、水際対策強化に係る新たな措置(26)が出され、自宅待機期間が10日間から7日間に変更されました。
  • 2022年1月14日に、水際対策強化に係る新たな措置(25)が出され、自宅待機期間が14日間から10日間に変更されました。

2022年9月7日以降の日本入国時の検疫措置

2022年9月7日午前0時(日本時間)以降、ワクチン3回目接種を完了している場合は出国前 72 時間以内の検査証明が免除になります。また、滞在していた国・地域の区分および有効なワクチン接種証明書の有無により到着時の検査や自宅待機が不要になります。

2022年9月7日以降の日本入国時の検疫措置

青の国から帰国した場合(アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、オランダ、イスラエル、中国、他)

有効なワクチン接種証明書出国前検査到着時検査待機
3回目の接種が完了不要なしなし
接種が2回まで/証明書なし必須なしなし

黄の国から帰国した場合(マルタ、ベトナム、インド、他)

有効なワクチン接種証明書出国前検査到着時検査待機
3回目の接種が完了不要なしなし
接種が2回まで必須なしなし
なし必須あり自宅3日間※1

赤の国から帰国した場合(アルバニア、シエラレオナ)

有効なワクチン接種証明書出国前検査到着時検査待機
3回目の接種が完了不要あり自宅3日間※1
接種が2回まで必須あり自宅3日間※1
なし必須あり施設3日間※2

※1:自宅での待機3日目に検査を受検し陰性を確認した場合。検査を受検しない場合は7日間。
※2:指定施設での待機3日目に検査を受検し陰性であれば、待機解除。

水際対策における国・地域の区分の一覧表

国・地域の区分の一覧は、以下でご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_category.html

有効なワクチン接種証明書

有効なワクチン接種証明書とは、日本政府が認めたワクチンを3回接種していることことの証明書となります。

日本政府が認めたワクチンについては、以下でご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_vaccine.html

日本への入国前準備(ファストトラックを利用する場合)

ファストトラックとは、海外から日本に入国する前に、MySOSアプリまたはMySOS Webで、あらかじめ検疫手続きの一部を済ませておくことができるシステムです。 ファストトラックを利用する場合は、「出国前72時間以内の検査証明書、個人誓約書、ワクチン接種証明書等の書類」の確認手続きを入国前に済ませることができます。「ファストトラック」を利用することで、入国時の手続を簡略化できます。

ファストトラックについては、以下でご確認ください。
https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

MySOSアプリまたはMySOS Webの利用

MySOSアプリの利用方法

スマホにMySOSアプリをインストールして、必要書類を登録します。

*アプリは更新されることもあるため、入国予定日から2週間前を過ぎてからインストールしてください。
*搭乗便到着予定日時の6時間前までにアプリ上での事前申請を完了してください。

MySOSアプリの検疫手続事前登録方法はこちら>>>

MySOS Webの利用方法

Webで手続きをする場合はMySOS Webにアクセスして、メールアドレスを登録して、ログインします。

MySOS Webのアカウント登録はこちら>>>
MySOS Webのログインはこちら>>>
*搭乗便到着予定日時の6時間前までにアプリ上での事前申請を完了してください。

MySOS Webの検疫手続事前登録方法はこちら>>>

出国前72時間以内の検査証明書の取得

※2022年9月7日以降、ワクチン3回目接種を完了している場合は出国前 72 時間以内の検査証明が免除になります。

ワクチン3回目の接種が完了していない場合、出国前72時間以内に検査を受け、検査証明書を取得することが必要となります。72時間前というのは検体採取の時間であって、結果判明が72時間以内ということではありませんので、注意が必要です。採取検体等が条件を満たしていない場合は、現地での搭乗拒否等の可能性がありますのでご注意ください。

  • 検査証明書に記載すべき項目が決まっている
  • 有効な検査方法が限定されている
  • 有効な検体採取方法が限定されている

所定フォーマットに対応する医療機関がない場合は任意のフォーマットの使用も許可されていますが、証明書の不備も多いため、出来る限り所定フォーマットを利用しましょう。所定フォーマットは以下のサイトからダウンロードできます。 → 様式が簡素化されました。また、以下の事項が記載されていれば、任意のフォーマットの利用も可能です。

<必須項目>

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 検査法(有効な検査方法を参照)
  4. 採取検体(有効な検体を参照)
  5. 検体採取日時
  6. 検査結果
  7. 医療機関名
  8. 交付年月日

検査証明書についての厚生労働省の案内ページ(様式のダウンロードあり)はこちら>>>

ワクチン接種証明書の取得

ワクチン接種の有無により検疫措置(検査・待機期間)が緩和されます。日本政府の定める有効なワクチンの種類を確認の上、検疫所に提出してください。

有効なワクチン接種証明書についての厚生労働省の案内ページはこちら>>>

誓約書

検疫所が確保する宿泊施設または自宅等待機対象の方は、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。待機期間中における公共交通機関の不使用、自宅等での待機等について誓約いただくことになります。内容をよく理解した上で誓約書を検疫所へ提出してください。

宣誓書についての厚生労働省の案内ページはこちら>>>

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。割引キャンペーンを適用した学費のお見積りも無料でメールにてお送りしますので、留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください。