イギリス学生ビザの申請方法は?

イギリスの街並み

この記事ではイギリスのビザ申請について説明しています。2021年1月からイギリスのビザ制度が変更になっています。

※ビザの申請手続きや必要な書類は変更されることがあります。実際に申請するにあたっては、必ず、英国ビザ申請センターの最新情報を確認してください。

イギリスの学生ビザの種類

Student Visa(旧Tier 4 Student Visa)

Student Visaは、大学や専門学校などの高等教育課程に留学する場合に必要となる学生ビザです。英語力の証明が必要となります。

  • 延長:イギリス国内でのビザ延長可能
  • アルバイト:可能
  • 日本国内でビザ申請が必要

Short-term Study Visa(6ヶ月~11ヶ月)

語学学校で、6ヶ月~11ヶ月間の英語コースを受講する場合に必要となる学生ビザです。

  • 延長:不可
  • アルバイト:不可
  • 日本国内でビザ申請が必要

Standard Visitor Visa(6ヶ月以内)

留学期間が6ヶ月以内の場合、学生ビザを取得する必要はありません。ビジターとして入国して、英語コースを受講することができます。また、日本国籍の場合は、ビジタービザの取得も不要です。

  • 延長:不可
  • アルバイト:不可
  • ビザ申請は不要

イギリスの学生ビザの申請方法

イギリスの学生ビザ申請は、Student Visaの場合はコース開始日の6ヶ月前を過ぎたら、Short-term Study Visaの場合は3ヶ月前を過ぎたら申請することができます。

英国ビザ申請センターに本人が行き、申請書類を提出する必要があります。尚、予約を取る必要があります。

STEP1:オンラインでビザ申請書を作成します。

STEP2:申請の予約をします。

STEP3:ビザ申請センターに予約時間の5分前までに行きます。ビザ申請書類の提出の他に、指紋と写真の登録があります。

STEP4:パスポートの受け取り方法を選びます。ビザ申請センター窓口での受け取り、または、郵送サービスが選べます。

STEP5:ビザ審査が終わったら通知メールが届きます。指定した方法でパスポートを受領します。

<ビザ申請センター>
東京: 東京都港区東新橋2-3-14 エディフィチオトーコー4F
大阪: 大阪府大阪市中央区南船場1-3-5 リプロ南船場ビル10F

イギリスの学生ビザの申請書類

必要書類

※書類は原本以外に、すべてカラーコピー1部を用意すること!

  • 印刷したビザ申請書
    ビザ申請書はオンラインで作成します。
  • パスポート
    見開き2ページ以上の余白ページがあること
  • 過去のパスポート
    過去10年間のパスポート(あれば)
  • 財政証明書
    留学費用を負担できることを証明できる書類
  • 入学許可書またはCASレター
    Student Visaの場合はCASレター、Short-term Study Visaの場合は入学許可書が必要
  • 英語力の証明
    指定されたIELTS試験センターで受験したIELTSスコア
    ※大学やカレッジなどの入学資格を満たしていることを証明するため。語学学校などに入学予定で、スコアを持っていない場合は提出不要。

支払いが必要な料金

  • 申請料金
    Student Visa: £348
    Short-term Study Visa: £186
  • IHS(Immigration Health Surcharge)
    6ヶ月以上滞在する場合、国民健康保険(NHS:National Health Servise)の費用として年間£470の支払いが必要となります。
  • 大阪のビザ申請センター利用料金
    大阪のビザ申請センターを利用される申請者の方は、ビザ申請料金とは別途£55の支払いが必要となります。この料金はビザ申請料支払時にオンラインで支払います。

財政証明書について

<注意>
Student Visaを申請する日本国籍の場合、財政証明の提出は免除されています。ただし、要求された場合は証明書の提出が必要となるため、予め用意しておくことをお勧めします。
Short-term Study Visaの場合は、財政証明の提出が必要です。学校に支払いをした場合は領収書も提出します。

資金力を証明する財政証明書は、以下のいずれかになります。

  • 預金通帳(コピーおよび英文の翻訳が必要)
  • 金融機関発行の英文の取引明細書。金融機関の正式なスタンプ、サイン、日付の記入が必ずすべてのページにあることが必要
  • 定期預金の場合は預金通帳と残高証明書をセットで提出することが必要

<注意>

  • 基準以上の金額が自分の口座に28日間以上継続してあることが必要
  • 28日間の最終日は申請日前31日以内であること
  • 通帳は申請者本人の名義のもの(未成年者は保護者の通帳でも可だか同意書が必要)
  • 通帳の翻訳日は申請日から28日以内であること
  • 預金通帳の残高証明書は不要。ただし、定期預金の場合は英文の残高証明が必要
  • 預金通帳、預金通帳のコピーは英翻訳文に記載されている残高の日付はすべて同じであることが必要です。通帳のコピーや翻訳をした後で、通帳に記帳しないようにしてください。

必要となる資金力の基準

滞在期間滞在都市証明が必要な滞在費(授業料を除く)
9ヶ月未満ロンドン£1,334/月
ロンドン郊外£1,023/月
9ヶ月以上ロンドン£12,006
ロンドン郊外£9,207

BRP(バイオメトリック・レジデンス・パーミット)

BRP(Biometric Residence Permits)は、生体認証情報を含む滞在許可書のことです。イギリスに6ヶ月以上滞在する場合、BRPカードが発行され、入国後に指定の郵便局でBRPカードを受け取ることになります。英国到着後10日以内または有効期限のいずれか早い日付までに受領する必要があります。(※コロナ禍で自主隔離が必要な場合、90日間は保管してくれます。)

受け取り方法などの詳細については、ビザ申請の審査結果とともに案内されます。

お得な外国送金方法

現地で銀行口座を開設して、為替レートが円高になっているときを狙って外国送金をすれば、カードのように毎回手数料がかかることがなくお得です。

ただ、銀行からの外国送金は銀行手数料が結構かかります。そこでお勧めなのが、WISE(旧TransferWise)。三井物産とWiLが出資している外国送金サービスです。

送金額と送金先の国を入金すると、手数料を含めた送金額と為替レートの一覧が安い銀行順に表示されます。WISEで日本から外国送金をできるのは最大100万円までで、100万円に近い金額だと、他の銀行からの送金の方が安く、WISEは2番目などと表示されることもありますが、そこまで大きな金額でなければ、ほとんどの場合、WISEが安く送金できます。一度オンラインで口座を開設してしまえば、その後の送金もオンラインで簡単です。

詳しくは、WISEをクリックしてください。

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください