【2022年】ニュージーランドの学生ビザの申請方法は?

ニュージランドの学生ビザ

この記事ではニュージーランドの学生ビザの申請方法について説明しています。(2022年6月現在)

(注意)ビザの申請手続きや必要な書類は変更されることがあります。
実際に申請するにあたっては、必ずニュージーランド移民局のウェブサイトの最新情報を確認してください。

留学サイトドットコムでは、語学学校の申込みを依頼していただいた方に、手数料無料でビザ申請サポートをしています。語学学校のお見積りや手続きも手数料無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

ニュージーランドのビザ申請に関する最新情報

2022年2月現在、ニュージーランドへの入国はできませんが、5段階のステップを踏んで段階的に国境をオープンすることが計画されており、ワクチン接種完了者であれば管理施設での隔離に入ることなく、ニュージーランドに入国できるようになります。

  • 2022年8月1日以降:残高証明書の金額が変更になります。
  • 2022年6月7日以降:レントゲンが不要になります。
  • 2022年3月13日:ワーキングホリデービザ保持者の入国が可能
  • 2022年4月12日:学生ビザ保持者の入国が可能(最大5000名のみ)
  • 2022年7月以降:NZeTAでの入国が可能

ニュージーランドの学生ビザ情報

3ヶ月以内1コースに限って就学する場合は、学生ビザを取得する必要はありません。NZeTA申請をします。

3ヶ月以上のフルタイム・コース(週20時間以上)を受講する場合は、学生ビザ(Fee Paying Student Visa)が必要になります。尚、学生ビザでアルバイトをすることができます。通常の就学期間中は週20時間まで、夏休みなどの休暇期間はフルタイムのアルバイトが可能です。

■ ニュージーランド移民局の学生ビザ申請の案内ページ

ニュージーランドの学生ビザ申請の流れ

ニュージーランドの学生ビザはオンラインで申請します。ただし、6ヶ月以上の留学の場合、レントゲン検査が必要になります。2022年6月7日以降、日本は結核のリスクの少ない国リストに追加されたため、レントゲン検査は不要になりました。ただし、輸血の経験のあるなどの場合は健康診断が必要になります。

手順1:学校に申し込む

学校に申し込みをします。入学許可書と請求書が届いたら学費の支払いをします。ビザ申請には、入学許可書や学費の領収書などが必要になります。

手順2:ビザ申請の必要書類を準備

ビザ申請に必要となる書類を用意します。必要書類は、アカウントからアップロードします。

手順3:RealMeアカウントを作成

移民局のサイトで、RealMeアカウントを作成します。

  • メールアドレス:ビザ申請で使用するメールアドレスを入力したら、送られたきたコードを入力して、メールアドレスが使用可能であることの確認をします。
  • ユーザー名:4文字以上
  • パスワード:8~64文字。大文字、小文字、数字、記号を最低3つ使用

手順4:レントゲン検査を受診(6ヵ月以上就学する方のみ)

6ヶ月以上就学する場合、結核のリスクが低い国(List of countries with a low incidence of TB)でない場合は、レントゲン検査が必要です。日本はこの一覧には含まれていません2022年6月7日以降、日本は結核のリスクの少ない国リストに追加されたため、レントゲン検査は不要になりました。ただし、輸血の経験があるなどの場合は健康診断が必要です。

12ヶ月以上就学する場合、どこの国からの渡航であっても、レントゲン検査が必要になります。

留学期間が6ヶ月未満の場合、レントゲンは不要です。

健康診断は、以下の指定病院(Panel Physician)で行う必要があります。健康診断が終わると、結果は直接病院から移民局に送信されます。

  • カレスサッポロ北光記念病院(札幌市)
  • 聖母病院(東京都新宿区)
  • 東京メディカル アンド サージカル クリニック(東京都港区)
  • 神戸海星病院(神戸市)
  • 大阪回生病院(大阪市)

手順5:ビザレターを受信

ビザ申請が許可されると、メールが届きます。
発給されたビザレターはプリントアウトして、パスポートと一緒に保管してください。

ビザ申請に必要な書類

ビザ申請に必要となる書類は以下の通りです。必要書類はRealMeアカウントからアップロードします。

必要書類

  • パスポートのカラーコピー(写真があるページの見開き。パスポートは就学予定期間プラス3ヶ月以上の残存期間があること)
  • レントゲン検査の結果(6ヶ月以上就学する場合。病院から直接移民局に通知) 2022年6月7日以降レントゲンは不要になりました。ただし、輸血の経験があるなどの場合は健康診断が必要です。
  • 英文の犯罪経歴証明書(17 歳以上で、2年を超えて就学する場合。発行6 ヶ月以内)
  • 入学許可書(Offer of Place)
  • 学費の領収書
  • デジタル写真(6 ヶ月以内に撮影。900px × 1200px 以上の鮮明な証明写真)
  • 英文の残高証明書(発行1 ヶ月以内)
    必要となる生活費の金額は、NZ$15,000 NZ$20,000(1年間、義務教育レベルの場合はNZ$17,000)あるいはNZ$1,250 NZ$1,667(月額)となります。2022年8月1日以降に変更
    申請者本人の銀行口座でない場合は、所定フォームの提出が必要となります。
  • 帰国便の航空券
    片道の航空券で入国する場合、上記の英文の残高証明書の金額に航空券の購入代を加算します。

※ビザ申請時には提出の必要はありませんが、入国時には滞在期間をカバーする健康保険海外旅行保険などの英文の加入証明書(付保証明)が必要になります。

ニュージーランドの学生ビザの申請料金

ニュージーランドの学生ビザ申請に必要となるビザ申請料金は以下の通りです(2022年6月30日現在)。
RealMeアカウントにログインして、クレジットカード(Visa、MasterCard)で支払います。

<ビザ申請料金>

  • ビザ申請料金:無料
  • International Visitor Conservation and Tourism Levy (IVL) :NZ$35

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。割引キャンペーンを適用した学費のお見積りも無料でメールにてお送りしますので、留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください。