2022年4月|コロナ禍におけるオーストラリア入国の手順

2022年4月現在、オーストラリア入国にあたっては、ワクチン接種の有無により入国の条件が異なっています。尚、ワクチン接種率の増大に伴い、入国制限の緩和が段階的に進んでいます。

ここでは、オーストラリア入国が許可されるケース、隔離措置の緩和条件、入国に際しての手続きについて説明します。

尚、新型コロナ感染状況により、ルールが頻繁に変更されているため、必ず公式サイトで最新情報を確認するようにしてください。

オーストラリア入国についての最新情報

2022年4月17日以降、ワクチン接種完了者の場合、入国前のコロナ検査は不要になります。

2022年2月21日以降、ワクチン接種完了をして有効な査証を取得しているすべての人が渡航規制の免除許可なしでオーストラリアに入国できるようになります。

■ ワクチン接種完了者の渡航制限についてのオーストラリア政府の案内はこちら

2022年2月18日以降、現在の豪州渡航申告(ATD:Australia Travel Declaration)が廃止され、デジタル渡航者申告(DPD:Digital Passenger Declaration)が必要になります。

2021年12月15日以降、新型コロナワクチン接種を完了し、日本から直接オーストラリアに渡航する日本国籍者は隔離なしで入国が可能になります。

■ 日本人のオーストラリア渡航についてのオーストラリア政府の案内はこちら

オーストラリアに入国できる人

新型コロナワクチン接種を完了し、日本から直接オーストラリアに渡航する日本国籍者はオーストラリアへの入国が可能です。

【留学】:有効な学生ビザを取得し、ワクチン接種を完了している日本国籍の方

【ワーホリ】:有効なワーキングホリデー・ビザを取得し、ワクチン接種を完了している日本国籍の方

【3ヶ月以内の留学・観光】:ETAを取得し、ワクチン接種を完了している日本国籍の方(Australian ETAアプリでETAの申請が可能)

オーストラリア入国で認められるワクチン接種完了者とは?

オーストラリアに入国するにあたってワクチン接種を完了した者とみなされるには、以下の豪州治療製品管理局(TGA)が承認または認知しているワクチンを接種している必要があります(2022年2月15日現在)。

ワクチンの種類について

  • 14日間以上の間隔をあけて以下のワクチンを2回接種
    • AstraZeneca Vaxzevria
    • AstraZeneca Covishield
    • Pfizer/Biontech Comirnaty
    • Moderna Spikevax or Takeda
    • Sinovac Coronavac
    • Bharat Biotech Covaxin
    • Sinopharm BBIBP-CorV (60歳以下の人)
    • Gamaleya Research Institute Sputnik V
    • Novavax/Biocelect Nuvaxovid.
  • 以下のワクチンを1回接種
    • Johnson & Johnson/ Janssen-Cilag COVID Vaccine

ワクチン接種証明書について

海外で発行された接種証明書に対する要件は以下のとおりです。

  • 国、州、県、もしくは権限を有するワクチン供給機関により発行されたもの
  • 英語で記載されているまたは英語訳が添付されている
  • 以下の事項が記載されていること
    • 氏名(原則パスポートと同じ氏名とし、異なる場合は別途婚姻証明書等の根拠資料の提示が必要)
    • 生年月日又はパスポート番号
    • 接種ワクチン名称
    • 接種日(各回の接種日または接種が完了した日付。2回目の接種日から7日経過していることが必要)

尚、日本の自治体が発行する海外渡航用の英文のワクチン接種証明書は豪州入国にあたって有効と認められています。

オーストラリア入国に際して必要となる手続き

オーストラリアに入国するには、以下の手続きが必要となります。

出発前に準備しておくこと

  • 自治体発行の海外渡航用の英文のワクチン接種証明書を取得
  • フライト出発時刻の72時間以内にデジタル渡航者申告(DPD:Digital Passenger Declaration)を行う
    DPD:https://covid19.homeaffairs.gov.au/digital-passenger-declaration
  • 渡航前にコロナ検査を受けて、英文の陰性証明書を取得する→2022年4月17日以降は不要
    • PCR検査:出発日まで3日以内の検査が必要(検査結果は紙面および電子のいずれでも可)
    • 抗原検査(RAT:Rapid Antigen Test):オーストラリア行きフライトの出発時刻の24時間以内(自宅で検査できる抗原検査は無効です。)

入国時にすぐ出せるように携行すべきもの

  • パスポート
  • ビザレター
  • Eチケット
  • PCR検査あるいは抗原検査の英文の陰性証明書→2022年4月17日以降は不要
  • 英文のワクチン接種記録証明書
  • 滞在先の住所が記載された書面
  • 学校の入学許可レター(留学の場合)
  • 学費および滞在費の領収書(留学の場合)
  • 英文の残高証明書(ワーホリの場合)

※替えのマスクを数枚ほど手荷物で持って行き、到着時には新しいマスクを着用ください。

オーストラリア入国後の手順

オーストラリア到着後は、到着地の州のルールに従う必要があります。以下はワクチン接種完了者の場合です。

ニューサウスウェールズ(NSW)州に到着する場合

  • 到着後24時間以内にRATを受けなければなりません。また、到着後6日目あるいはそれ以降に改めてRATを受けなければなりません。
  • 到着後24時間以内のRATの陰性結果を受け取るまで家やホテルで自己隔離しなければなりません(6日目以降に再度受ける検査については自己隔離の必要はありません)
  • 病院や高齢者介護施設などのリスクの高い場所を少なくとも到着後7日間は訪問してはなりません。

詳細は、https://www.nsw.gov.au/covid-19/travel-restrictions/international-travel-rulesでご確認ください。

ビクトリア州に到着する場合

  • 到着後24時間以内のRATの陰性結果を受けるまでは家で自己隔離をします。RATの検査キットが入手できない場合は、PCR検査を受けることも可能です。→到着後のRAT検査は必須ではなく、推奨に変わりました。結果待ちの間の自己隔離も不要。
  • 病院や高齢者介護施設などのリスクの高い場所を少なくとも到着後7日間は訪問してはなりません。

詳細は、https://www.coronavirus.vic.gov.au/information-overseas-travellersでご確認ください。

クイーンズランド州に到着する場合

  • 到着後24時間以内のコロナ検査の陰性結果を受けるまでは家で自己隔離をします。

詳細は、https://www.qld.gov.au/health/conditions/health-alerts/coronavirus-covid-19/current-status/public-health-directions/travelling-to-queensland/entering-queensland-from-overseasでご確認ください。

南オーストラリアに到着する場合

  • 到着後24時間以内に抗原検査(RAT:Rapid Antigen Test)を受けて陰性結果がでるまでは自己隔離(抗原検査キットを日本から持参することを推奨)

詳細は、https://www.covid-19.sa.gov.au/travel/international-travelでご確認ください。

西オーストラリアに到着する場合

  • G2Gパスを取得
  • 到着時の抗原検査(RAT:Rapid Antigen Test)は不要(希望であればパース空港で無料で検査可能)

詳細は、https://www.wa.gov.au/government/covid-19-coronavirus/covid-19-coronavirus-travel-waでご確認ください。

ACTに到着する場合

  • 到着後24時間以内のRATの陰性結果を受けるまでは家で自己隔離(RATの検査キットが入手できない場合はPCR検査を受けることも可能)

 

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。割引キャンペーンを適用した学費のお見積りも無料でメールにてお送りしますので、留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください。