留学時には現金とカードを3枚を持っていくべき!【もしもの時に】

この記事では、留学時にはどの程度の現金を持っていくべきなのか、クレジットカードデビットカードは必要なのか、について説明しています。

時間がない人のために先に結論を言っておくと、基本は「現金:3~5万円」+「現地のATMで使えるカード:3枚」を持っていくと、もしもの時でも安心してトラブルに対処することができます。

3枚のカードを持って行こう。

なぜ3枚もカードが必要なのでしょうか?次の2つのトラブル事例を見てみましょう。自分は大丈夫と思っていも案外トラブルに陥ってしまうものです・・・。

  • トラブル事例 1:ATMで使えるカードを1枚だけ持って、現金を引き出しにいったところ、暗証番号を既定の回数以上間違えてしまい、カードが使えなくなり、現金も引き出せなくなった。
  • トラブル事例 2:お財布に2枚のカードを入れておいたところ、そのお財布が盗難にあり、他にお金もなく困った。

 

トラブルを回避するために

カードを3枚用意しておき、いつも使う1枚をお財布の中にいれておき、バッグの別のところに予備のカードを入れておき、さらに普段は使わないもう1枚の予備のカードは家に置いておくといった対応をされることをお勧めします。

 

海外で現金を引き出せるカードの種類:

カードと言うと、日本ではクレジットカードのことを思い浮かべる人が多いと思いますが、他にも色々な種類のキャッシュカードがあります。

クレジットカードの他に、プリペイドカード(キャッシュパスポートやMoneyT Globalなど)、VISAデビット、現地で開設する銀行カードといったものがあります。

 

現金はどのくらい必要?

到着後にすぐに使用する必要最低限の額として、3~5万円程度の外貨を小額紙幣で用意します。

また、万が一のお守りの代わりに、パスポートに、一万円札を2~3枚、隠し持っておくのもひとつのアイデア。

ただし、出入国の際はパスポートを係官に渡すので、その際は、自分のバッグに移しておきましょう。

 

クレジットカードについて

できたら2枚あるといいのですが、最低1枚は持っていきましょう。多額の現金を持ち歩く危険もなくなり、レンタカーや携帯電話を契約するときの身分証明にもなります。

もし、持っていなければ、年会費が無料だったり、マイレージポイントがつくものを選ぶといいでしょう。
VISA または MasterCard が便利。国内大手の JCB は海外で使えないことが多いです。
また、いつの間にか限度額を超えてしまい、使えなかったというケースもあるので限度額のチェックが必要です。

 

Visaデビットカードについて

高校生などクレジットが作れない場合などには、Visaデビットカードがお勧めです。VISAデビットカードは、多くの銀行で提供しています。

VISAデビットを扱う銀行は増加傾向にありますが、いずれかの銀行で口座を持っているか、開設することになります。それぞれの銀行のサービス内容を比較してから、開設する銀行は選んでください。

使うときは、VISAクレジットカードと同じように使用できますが、実際にはクレジットカードではなくて、それぞれの銀行で作成した口座から直接引き落としされるため、入金されている金額がそのまま限度額となります。

このため、使い勝手はクレジットカードと同じく現地で買い物をしたり、ATMで現地通貨を引き出すことができてとても便利ですが、クレジットカードのように使いすぎてしまうという心配がありません

 

VISAデビットカードの比較
種類 年齢 海外ATM引出手数料 海外ATM利用限度額 レート
三菱東京UFJ銀行 15歳以上 1回108円 3%加算
スルガ銀行 15歳以上 1回216円 自分で設定 3%加算
ジャパンネット銀行 15歳以上 無料 最大100万円 3%加算
りそな銀行 15歳以上 無料 最大50万円 2.5%加算
楽天銀行 16歳以上 無料 最大20万円 3%加算
イオン銀行 18歳以上 1回200円 1.6%加算

*海外ATM引出手数料の他に、使用する海外ATM自体の手数料がかかることがあります。
*利用限度額は使用条件によって異なります。

 

海外プリペイドカードについて

<キャッシュパスポート>

キャッシュパスポートは、MasterCard版の海外専用プリペイドカードです。銀行口座を開設する必要はなく、使う分だけをトラベレックスジャパンの口座に入金しておくことで、MasterCardカードとして、海外でショッピングをしたり、ATMから現地通貨を引き出すことができます。

マルチカレンシータイプで複数の通貨に対応しています。また、紛失に備えて予備カードが付属しているので安心です。

 

<MoneyT Global-JTB海外専用トラベルプリペイドカード>

MoneyT Globalは、VISA版のプリペイドカードです。JTBの専用口座に予め入金しておくことで、必要な時に必要な分だVISAやPLUSマークのある海外のATMで現地通貨を引出せます。

また、クレジットカードのようにVisa加盟店での買い物もOK。JTB海外トラベルデスクの利用ができて安心です。

海外プリペイドカードの比較
種類 年齢 対応海外ATM 海外ATM引出手数料 海外ATM利用限度額 レート
キャッシュパスポート 制限なし MasterCard 1回200円 最大10万円 4%加算
MoneyT Global 制限なし VISA、PLUS 1回200円 最大15万円 4%加算

*日本国内での使用はできません。

 

日本の銀行のインターナショナルキャッシュカードについて

インターナショナルキャッシュカード、日本の銀行で口座を開設し、世界中の提携ATMから現地通貨を引き出すことができるので便利

ただし、引き出しには手数料がかかるので、短期の留学で、授業料や滞在費を前もって支払っている場合、なければ、わざわざ作る必要はありません。

現地にいったら、実際に使えるかどうか試してみましょう。ATMによって使えなかったりすることもあるので、複数のATMで試しておきましょう。

また、1日あたりの利用限度額もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

インターナショナルキャッシュカードカードの比較
種類 対応海外ATM 海外ATM引出手数料 海外ATM利用限度額 レート
新生銀行 VISA、PLUS 無料 最大10万円 4%加算
SMBC信託銀行プレスティア citi、VISA、PLUS 1回200円 最大10万円 3%加算

*海外でのショッピングには利用できません。

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください