ロンドン留学のメリット・費用は?オススメの語学学校も!

ロンドンはイギリスの首都であり、経済的にはヨーロッパの中心の役割を担っています。経済の中心というだけでなく、多くの観光地があるため、観光客も世界各国から集まります。

ビジネスや観光だけでなく、留学先としてロンドンが候補に上がることも多く、留学生に人気の都市の一つです。この記事では、ロンドンの基本情報やロンドン留学の魅力、さらに注意しておきたい点を紹介します。

ロンドンの基本情報

ロンドンは、イギリス南部に位置しており、ヨーロッパ経済の中心地として知られています。

経済面だけでなく、ビッグ・ベンやバッキンガム宮殿、大英博物館などの有名な観光地が数多くあるため、世界中から数多くの観光客が訪れています。日本からは直行便だと12〜13時間ほどで行くことができます。

ロンドンは1日のうちに四季があると言われるほど、気温や天気の変化が頻繁にあったり、雨がよく降ったりするため、変動する気候に対応できる服(軽い羽織りものやフード付きの服など)を用意しておくことが必要でしょう。

人口は800万人を超えており、街中には多くの観光客もいるため、非常に活気にあふれています。世界中から集まった人が住んでおり、多様性に満ちた都市であるとも言われています。

日本との時差は9時間、サマータイム時には8時間です。サマータイムは約7ヶ月間(3月〜10月)あります。

 

ロンドン留学のメリット・魅力

イギリス英語を身につけられる

一つ目のロンドン留学の魅力は、イギリス英語を身につけられることです。日本語で言うところの方言と同じように、英語にはアメリカ英語やオーストラリア英語、カナダ英語などの様々な種類があり、同じ言葉でも示す意味や発音、アクセントが異なります。

その中でもイギリス英語は世界的に見てもフォーマルで、上品なイメージがあるようです。BBC(英国放送協会)の本部があったり、ロイヤルファミリーの住むバッキンガム宮殿があることが大きく影響しているのでしょう。

「英語」は「英」国の言「語」であるので、より歴史的な英語を学びたい人は、イギリス英語を学ぶのがオススメです。

何をするにも便利

二つ目の魅力は、便利な街であることです。バスや電車などの交通網が発達しており、生活や観光に困らないこと、また、他国への旅行も容易にできる点が非常に魅力的でしょう。

留学中、週末などの休暇には、イギリス国内やヨーロッパ諸国へ観光、旅行に行くと、良いリフレッシュになりますね。ロンドンには、バッキンガム宮殿やロンドン塔、ウェストミンスター寺院や大英博物館など、数日間の旅行では全て回りきれないくらいに多くの観光地があります。

ヨーロッパでは、イタリアやフランス、ドイツなどの国に、日本から行くのと比べて短時間で、列車や格安航空券を利用すれば安価に行くことができます。

日本人留学生が少ない

三つ目の魅力は、日本人留学生が少ないということです。日本人留学生の人数が多い留学先ランキングではアメリカがダントツの一位で、イギリスへ留学する日本人留学生の何倍もいます。

一見デメリットに見えるかもしれませんが、周りに同じ日本人がいると、つい日本語で会話してしまう可能性が大いにあります。せっかく留学へ行くなら、英語を習得したいですよね。

周りに日本人留学生が少ないことで、より集中して語学の向上に努めることができます

現地のイギリス人だけでなく、世界各国からの英語ではない言語を母国語としている人たちとのコミュニケーションに、お互いが共通言語として英語を使うことで深まる絆があるかもしれません。

多様性を体感できる

四つ目の魅力は、多様性を感じられることです。

世界各地からビジネスマンが集まり、また移民の受け入れもしていることから、多種多様な国籍の人たちが生活しています。

様々なバックグラウンド、価値観を持つ人と関わることで、様々な知識や考え方を知ったり、異なる価値観から学ぶことがあったりして、英語力が向上するというだけでなく、人間として成長することができるでしょう。

教育水準が高い

五つ目の魅力は、教育水準が高いことです。

イギリス国内には私立大学がほとんどありません。世界のトップ大学ランキングには、オックスフォードやケンブリッジなど、イギリスの大学が多くランクインしており、レベルの高さが伺えます。

高い教育水準が保証された環境で、集中して勉強ができることは、とても魅力的ですよね。

 

ロンドン留学で注意すること

食事について

一つ目の注意点は食事が合わないかもしれないということです。「イギリスのご飯はまずい」というのはよく言われていることですが、イギリス人は食にあまりこだわりがないようです。

まずいかどうかはさておき、イギリスの食事は毎日あまり変化がなく、マッシュポテトやミックスベジタブルなどシンプルであるため、うんざりしてしまう人が多いのかもしれません。

しかし、中華系のスーパーへ行けば日本食も手に入りますし、日本食レストランもあるため、日本食から完全に離れて辛い思いをする、ということはまずないでしょう。

イギリス英語に慣れる必要がある

二つ目の注意点は、イギリス英語に慣れるまでが大変ということです。

日本の義務教育で学ぶ英語はアメリカ英語なので、初めのうちはイギリス英語が聞き取れなかったり、イギリス英語ならではの言葉の使い方に戸惑うかもしれません。

慣れれば聞き取れるようになったり、イギリス英語特有の表現も使えるようになるでしょうから、初めのうちだけは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

物価が高い

三つ目の注意点は、物価が高いことです。生活費がかかるので、家賃を抑えたい場合には数人で一緒に住んだり、ホームステイをすると良いでしょう。

他人と住むのは不安かもしれませんが、一緒に住むことで、自分とは異なる生活スタイルを知ることができたり、日常会話に慣れたりとメリットも多いので、家賃を抑えるためという理由だけでなく、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

ロンドン留学にかかる費用

気になるのが留学にかかる費用についてです。

★ロンドンに語学留学した場合の留学費用の一例です。

【学校】ユーロセンター・ロンドンエルサム校
【コース】インテンシブ英語(24週間)
【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、朝・夕食付き、24週間)
【空港出迎え】あり

手続き代行手数料0
学校申込金90
授業料6,240
教材費120
ホームステイ滞在費5,760
空港出迎え料135
合計£12,345

イギリスのポンドで£12,345は日本円で約165万円(2019年9月現在のレート)です。

アメリカの大都市に留学する場合だと24週間で約200万円弱かかる場合もあるので、海外留学にかかる費用としては平均的と言える金額だといえます。

外食を控え、自炊をしたり、ルームシェアをすることで滞在費を抑えることができるので、ぜひ実践してみましょう!

 

ロンドンのオススメ語学学校

続いて、ロンドンで語学留学をする際にオススメの学校を紹介したいと思います。

弊社では、留学サポートをしており、提携している語学学校の申し込みをされた方には、留学手続き代行サポート、学生ビザ申請サポートが無料で受けられるサービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

Eurocentres London Central校

全体の生徒数180〜300名ほど
1クラスあたりの人数最大14名
期間2週間~48週間
入学資格16歳以上
滞在先ホームステイ、レジデンス

Eurocentres(ユーロセンター)はスイスに拠点にヨーロッパ、北米などで30以上の校舎をもつ国際的な語学学校グループです。

そんなユーロセンターのロンドン校は、ロンドンの中心部のビクトリア駅から徒歩5分ととてもアクセスの良い場所にあります。オックスフォードサーカスやバッキンガム宮殿など有名な観光地にもふらっと行けてしまいます。

ユーロセンターの特徴として、幅広い年齢層の生徒を受け入れているため、とても落ち着いた雰囲気の中、語学の学習をすることが出来ます。

課外活動(アクティビティ)も豊富に用意されていて、他の生徒や先生方と仲良くコミュニケーションを取れるように配慮があるため、留学生活を楽しみながら英語を学ぶことが出来ます。

ロンドン留学のまとめ

ロンドンは観光名所が多く、ビジネス面においてもいろんな分野で中枢を担っているため、世界中から人が集まってきます。伝統的な英語を、集中できる環境で学びたい方にとっては、うってつけの留学先ではないでしょうか。

多くの観光地があるため、毎週末、歴史に触れたり、アートに心動かされたりと、密度の濃い時間を過ごせることも可能でしょう。

また、様々な価値観を持つ人々と関わることで、語学力だけでなく、人間力も高められる環境です。万全の準備をして、充実した留学生活を送りましょう!

留学サイトドットコム ロゴ 横長

このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください