手続き無料対象校

ELSランゲージセンター(ELS Language Centers)

  1. ELSランゲージセンターの学校情報
  2. ELSランゲージセンターのロケーション
  3. ELSランゲージセンターが提供しているコース
  4. ELSランゲージセンターが提供している特別オプション
  5. 学校パンフレットのダウンロード

ELSランゲージセンターの学校情報

ELSランゲージセンター(ELS Language Centers)は、1961年の設立以来、120万人を超える受講生をサポートしてきた長い実績があり、質の高い語学学校として高い評判を得ています。2019年現在で、アメリカ33ヶ所、カナダ2ヶ所、インド1カ所にセンターがあります。

また、アメリカのセンターの多くは大学キャンパス内にあるため、大学の施設を使えるだけでなく、英語レベルが規定に達したらその大学クラスを聴講したり、または受講して単位を取得できる機会があるなど、大学キャンパス内に位置する語学学校としての利点があります。

大学進学を目指している生徒が多く、650校以上の大学やコミュニティカレッジの条件付入学許可書を取得することも可能です。条件付入学許可書を取得すれば、実際にTOEFLスコアを提出せずに、ELSの規定のレベルを修了すれば、正式に入学が許可されます。

ELS Language Centersの特長

  • 55年以上にわたり英語教育を提供してきた経験と実績
  • ほとんどが大学キャンパス内にあり、大が施設の利用や学生との交流の機会がある
  • 4週間単位のため、生徒の入れ替わりが少なく、落ち着いて勉強できる
  • 650以上の大学・コミュニティカレッジの条件付入学許可書の取得が可能
  • 最新技術を駆使したランゲージ・テクノロジー・センターでは、テクノロジーを応用した学習を通じて各自の英語スキルを補強し、学習目標を達成
  • Contact America!(コンタクトアメリカ)では、アメリカ人との交流を図りながら会話を交わす機会を定期的に提供し、また大学を訪問して講義の聴講を経験したり、ゲストスピーカーによる講演や地元のイベントにも参加可能

ELS Language Centersの学校データ

運営私立語学学校創立1961年
国数3ヵ国学校数37カ所
コース開始日4週間ごと(年26回)/毎週月曜日(年52回)期間4〜52週間/2週間以上
英語レベル12段階クラス人数最大15名
(スキル強化クラスは最大20名)
認定
加盟団体
アメリカ:ACCET、AIRC、English USA、BPPE、ALT、NAFSA、AIEA、
カナダ:Languages Canada
学校サイト Web: www.els.edu
Facebook: www.facebook.com/els
Twitter: twitter.com/elscenters

ELSランゲージセンターのロケーション

アメリカ西部
ワシントン シアトル
オレゴン ポートランド(コンコーディア大学)
カリフォルニア サンフランシスコ・ノースベイ(カリフォルニア・ドミニカン大学)サンタローザ(サンタローザ・ジュニアカレッジ)シリコンバレー(デアンザカレッジ隣接)サザンオークス(カリフォルニア・ルーセラン大学)サンタモニカラバーン(ラバーン大学)サンディエゴ
アメリカ中西部
ウィスコンシン ミルウォーキー(マーケット大学)
イリノイ ディカルブ(ノーザン・イリノイ大学)シカゴ(ドミニカン大学)
インディアナ インディアナポリス(インディアナ大学・パデュー大学インディアナポリス隣接)
オハイオ クリーブランド(ケース・ウェスタン・リザーブ大学)シンシナティ(シンシナティ大学)
ミシガン グランドラピッド(グランドバレー州立大学)
ミズーリ セントルイス(ミズーリ大学セントルイス)
ミネソタ セントポール(セントトーマス大学ミネソタ)
アメリカ東部
マサチューセッツ ボストン・ダウンタウン
ニューヨーク NYマンハッタンNYリバーデール(カレッジ・オブ・マウント・セント・ビンセント)ホフストラ(ホフストラ大学)
ニュージャージー ティーネック(フェアリー・ディキンソン大学)
ペンシルバニア フィラデルフィア(セントジョセフ大学)フィラデルフィア・ウェストチェスター(ウェストチェスター大学)
アメリカ南部
オクラホマ オクラホマシティ(オクラホマシティ大学)
テキサス ヒューストン(セントトーマス大学ヒューストン隣接)
テネシー ナッシュビル(ミドル・テネシー州立大学)
ノースカロライナ シャーロット(ジョンソン&ウェールズ大学シャーロット)
フロリダ オーランド(ステットソン大学)メルボルン(フロリダ工科大学)マイアミ(バリー大学)セントピーターズバーグ(エッカード・カレッジ)タンパ(タンパ大学)
カナダ
バンクーバートロント

ELSランゲージセンターが提供しているコース

ELSセンターによっては、提供されているコースが異なります。提供されているコースについては、上記の各センターのページでご確認ください。

インテンシブ英語プログラム(Intensive English)

英語力を効率的に伸ばしたい方のための週30レッスンの集中英語コースです。

  • リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、発音、語彙力などの語学スキルをアップし、正確かつ効率的にコミュニケーションを取ることができる力をつける
  • 生きた実用英語を使って、英会話のスキルとその他のスピーキングスキルを練習
  • 正確で効果のあるライティングを習得
  • 午前のクラスは、文法・スピーキング練習、言語研究、スキル強化、ランゲージ・テクノロジー・センターでの学習で構成されています。
  • 午後のクラスは、リーディングとライティングに焦点を当てています。
  • 米国の650校以上にて、ELSレベル112修了で大学および大学院に、またはELSレベル109修了でコミュニティカレッジに進学するために必要な英語力があると認められます。
レベル12段階
レッスン数週30レッスン(1レッスン=50分)
開講日4週間ごと(26回)
クラス人数一般クラス:最大15名、スキル強化クラス:最大20名
センター全センター

セミインテンシブ英語プログラム

英語を学びながらアメリカの滞在も楽しみたいという方、また、自分のペースでゆっくりと英語を勉強したいという方に最適です。授業は午前中のみの週20レッスンで、午後は自由時間となります。

  • 英会話スキルやスピーキングスキルは実用的な英語を使って実習
  • 正確で効果のあるライティングを習得
  • 戦略的にリスニングスキルを開発
  • 正しい文法の使い方を身につける
レベル12段階
レッスン数週20レッスン(1レッスン=50分)
開講日4週間ごと(26回)
クラス人数一般クラス:最大15名、スキル強化クラス:最大20名
センタータンパを除く全センター

ELS Language Experience+(LE+)プログラム

アメリカの文化やアクティビティを楽しみながら、日常会話のスキルを磨くことができるコース。毎週月曜日からのコース開始が可能で、1週間単位で申し込みができるため、希望に合わせて期間と授業数を選択できます。1日3レッスンは学生ビザ不要で、1日6レッスンは学生ビザが必要になります。

  • 日常英会話クラスで、日常生活で使える英語を学ぶ
  • 実践文法クラスで、正確な表現を学ぶ
  • デジタル英語クラスで、ブログやSNSなどで自分を表現する方法を学ぶ
  • ディスカバー&ディスカッションクラスで、時事トピックについて話し合う
レベル3段階(初級、中級、上級)
レッスン数1日3レッスンまたは6レッスン
開講日毎週月曜日(52回)
クラス人数最大15名
センターサンディエゴ、サンタモニカ、オーランド、NYマンハッタン

アメリカン・エクスプローラ・プログラム

旅行がメインだけれども、英語も勉強したいとお考えの方に最適で、学生ビザを取得せずに、受講することができます。午前中に英語レッスンを受け、午後は自由に過ごします。週15レッスンの授業となります。

レベル12段階
レッスン数週15レッスン(1レッスン=50分)
開講日4週間ごと(26回)
クラス人数一般クラス:最大15名、スキル強化クラス:最大20名
センターセンターによる

ビジネス英語プログラム

シカゴ校のみで開催されているビジネス英語コースです。3つのセッションで構成されており、各セッションは4週間で終了します。それぞれのセッションでは、リサーチと準備段階を経て口頭のプレゼンテーションを行い、シミュレーション会議の進行役を務めて活発に意見を交わします。自分の立場や主張について弁護し、ケーススタディやビジネス記事、実際のビジネス文書を読み話し合います。尚、1セッションだけの申し込み、または2セッション、3セッションの申し込みもできます。週30レッスンで、20レッスンは一般英語クラス、10レッスンはビジネス英語クラスになります。

  • プレゼンテーション、会議への参加、契約交渉、自身の状況説明と主張、ビジネス英単語、ビジネス関連の会話で使える語彙力と慣用表現の活用など、幅広いスキルを身に付けることができる
  • レポートの概要説明など、重要なライティングスキルの向上を図る
レベル12段階
レッスン数週30レッスン(1レッスン=50分)
開講日4週間ごと(26回)
クラス人数一般クラス:最大15名、スキル強化クラス:最大20名
期間4週間、8週間、12週間
参加資格TOEFL iBT 46、TOEIC 550、IETLS 4.0、ELSレベル106
センターシカゴ

エグゼクティブのための英語プログラム

エグゼクティブのための英語プログラムは、一般的な英語学習にキャリア特有のコミュニケーショントレーニングの組み合わせを希望される若手〜中堅クラスのエグゼクティブやプロフェッショナルの方を対象としたコースです。午前に対話型のグループでの授業が4レッスン、午後にカスタマイズされた50分のマンツーマン授業が3レッスンで構成されています。受講期間は2週間から4週間程度となります。

TOEFL受験準備プログラム

12週間(3セッション)の総合的なTOEFL対策準備プログラムで、リーディングとリスニングを総合的に強化し、ライティングとスピーキングをレベルアップすることで、資格試験に不可欠な受験対策を行います。このプログラムでは、TOEFL iBTR模擬試験、テキストブック、最新のリスニング用ソフトウェアを使用します。
12週間のコースを修了すると、ELSのセンターでTOEFL iBTの公式テストを受験できます。また、4週間と8週間のコースもありますが、ELSセンターでの受験はできません。

コース開始年8回
レッスン数週30レッスン(1レッスン=50分)
期間4週間、8週間、12週間
参加資格TOEFL iBT 46、ELSレベル107
センターセンターによる

ELSランゲージセンターが提供している特別オプション

ELSセンターによっては、提携している大学などとの協力により、以下のようなオプションが提供されています。

American Conversation Partnerships

ELSのアメリカン・カンバセーション・パートナーシップは、放課後などに現地のアメリカ人と会話の練習ができる会話パートナー制度です。

Volunteerism Experiences

ELSのボランティア体験では、地域のボランティア活動を紹介しています。ボランティアを通して現地の文化を学び、英語力を向上することができます。

Host Institution Opportunities at No Additional Cost

ELSの授業の一部の代わりに、提携大学の授業を受講することができます。追加費用は不要で、大学クラスの受講証明書がもらえるCertificate Programもあります。

Class Visitation

提携大学の授業を既定の回数だけ受けてみることができます。参加にあたって費用はかかりませんが、単位の取得はできません。

Course Auditing

提携大学の授業を学期単位で正規履修することができます。規定の英語レベルを修了していることが必要で、また、大学側の授業料の支払いが必要となります。単位の取得可否は大学によって異なります。

Concurrent Enrollment

提携大学からの入学許可書を得ている場合、ELSで規定レベルを修了したら、大学の授業を同時に受講することができます。大学側の授業料の支払いが必要となります。

お申込み お問い合わせ お見積もり

ダウンロード・コーナー

2019年 ELSパンフレット(英語版、PDFファイル)
2019年 アメリカ校 料金表(英語版、PDFファイル)
2019年 Language Experience Plusコース料金表(英語版、PDFファイル)
2019年 カナダ校 料金表(英語版、PDFファイル)

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

NPO留学協会

AIG損害保険

ジェイアイ留学保険
oneyT Global
キャッシュパスポート
STAトラベル
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引