2016年ニュージーランド・ワーキングホリデー・ビザの申請方法

ニュージーランドのワーキングホリデービザについて

ニュージーランドのワーキングホリデービザは、ニュージーランドに最長12ヶ月滞在することができます。ただし、3ヶ月以上の季節労働をした場合、3ヶ月間の延長申請をすることができます。就学に関しては最大6ヶ月まで認められており、就労に関しては制限はありません。

参加資格

ニュージーランドのワーキングホリデー・スキームの参加資格は下記になります。

  1. 日本国籍を有し、パスポートの有効期限がニュージーランド渡航予定日から3ヶ月以上あること
  2. 申請時点で、18歳以上30歳以下
  3. 子どもを同伴せずに渡航できること
  4. 帰国便の航空券もしくは航空券を購入するのに十分な資金があること
  5. 最低でもNZ$4,200以上の資金があること
  6. 心身ともに健康であること
  7. 休暇を過ごすことが主な目的であり、就労や就学は二次的な滞在目的であること
  8. 以前にワーキングホリデー就労許可証を受けていないこと

※4および5に関して、十分な資金があるかどうか入国審査の際に英文残高証明書などの提示を求められることがあります。

申請方法

ニュージーランドのワーキングホリデービザの申請は、オンライン手続きで行います。日本から申請する場合は、申請費用はかかりません。すでにニュージーランドに滞在している方が申請する場合は、申請費用をクレジットカードで支払うことになります。申請時に必要となるものは、(1)有効なパスポート、(2)クレジットカード、(3)E-mailアドレス、(4)運転免許証の4点です。また、ビザ申請後20日以内に、在日ニュージーランド大使館指定の病院で、結核の検査(胸部X線)を受けることになります。

申請手続きの詳細については、ニュージーランド移民局のホームページをご参照ください。

ワーキングホリデービザの申請手続きの詳細はこちら(英語)>>>

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

J-CROSS

NPO留学協会

AIG損害保険

ジェイアイ留学保険
oneyT Global
キャッシュパスポート
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引