シアトル留学日記―シアトルセントラルカレッジ

留学生の紹介

テルさん テルさん
留学期間: 2006/03 - 2008/06
ロケーション: シアトル(アメリカ)
学校: Seattle Central College

自己紹介:日本の大学を卒業して2年ほどお金を貯めてから、オーストラリアに10ヶ月ほど留学しました。一度日本に帰って、今は、Seattleのシアトルセントラルカレッジに留学中です。現在は、Webデザインの勉強をしています。

2006    MAY   JUN   AUG   SEP
2007    JAN   JUL-1   JUL-2   JUL-3
2008    JAN   MAR   MAY   JUN   JUL

シアトルセントラルカレッジ

シアトルセントラルカレッジ

とりあえず、こっちに来て二ヶ月ほどが経過しました。
友達もだんだんと出来てきたり、すこーし耳がアメリカの英語に慣れてきました。
というか、オーストラリアでは全然理解できなかったネイティブの言ってる事が、ここ、アメリカでは相手の意図してる事が聞き取れるくらいではあります。
そう考えるとオーストラリアの英語は、やっぱりちょっとなまってたのかなあと思いました。
現状はと言えば、まずホームステイ。
凄く自由気ままで、食事なども好きな時間に好きな場所で食べなさいと言う感じです。
ここシアトルで不親切で駄目なホームステイと言うのは、友達の中では聞いた事がありません。
ただ、学校まで1時間と少しかかるので少し遠いですが、ホストが学校の職員と言う事もあって、ホストの車で帰りは帰宅したりしています。
それを考えると、プラスマイナスゼロかなあと思いたいところです。

ブルガリア人のルームメイト

後は、ルームメイトが居るのはいいなあと思いました。
今、僕の隣の部屋にはブルガリア人のルームメイト(⇒)が居るのですが、気分屋ですが、英語の勉強になるし、良い人なので、色々と誘って出かけたりなんかして、面白い経験になってるなあっと。
学校は、今はELSのクラスを2クラスとカレッジのコースを1つ取っています。
友達の話を聞くと、カレッジなので、大学のELSのようにむちゃくちゃに宿題が出ないと言う事らしいです。
出ないと言っても、全然でない訳ではなく、毎日出ます。
ただ、量が大学のと比べると少ないようです。
(大学の方では眠れないほど宿題が出たと友達から聞きました。)

SCCC

授業の内容といえば、こればかりは先生によると思います。
アメリカは、日本のように資格が無くてもカレッジの先生になれる(不確か)ようで、リーディングの先生なんかは、前は音楽の先生をしていたと言っていました。
でも、それなりの肩書きの人が多いみたいではあります。
でも、ある程度やる事は決められているようです。
同じレベルの他のクラスの事を聞いても、同じような感じで進んでいるらしいので。
クラスの人種の割合と言えば、日本人、韓国人、中国人、台湾人、ベトナム人が多いと思います。
カレッジのコースに行けば、普通にアメリカ人もいっぱい居ると思うし、他の人種もたくさん混ざってくると思いますが、英語のクラスはそんな感じの割合です。
次に、シアトルの街について書きたいと思います。
本当に色んな人種の人が居ます。
後は、交通機関が、他のアメリカの都市に比べてしっかりしているらしいです。
友達で他の州にいた事のある人の話を聞くと、歩道が無かったとか、移動手段が車以外ないとか良く聞きます。
そういうことを考えると、留学生が車を買うのはここでは必然ではなく、とても住みやすいところらしいです。

<電話カウンセリング>
0120-464-258
043-271-7486

<営業時間>
月〜金: 9:30〜18:00
定休日:土・日・祝日

J-CROSS

NPO留学協会

AIG損害保険

ジェイアイ留学保険
oneyT Global
キャッシュパスポート
子育て支援パスポート事業加盟店

中学生以下は5,000円割引